Amazonにおける売上高1位ブランドに育てました。Amazoを中心としたECコンサルティングは幅広く対応可能です。

  • 経営/管理部門
  • メディア
  • 経験内容

    実績や成果

    入社後4年で売上を約13倍以上に拡大(8億円=>110億円)し、主要製品の全既存カテゴリー(モバイルバッテリー、充電器、スピーカー、ケーブル、他)の日本でのオンラインマーケットシェア1位を実現。2018年度は、Amazon.co.jpの「携帯・スマートフォン」部門において、年間売上の上位1-4位および上位20位のうち14製品を独占。
    ほぼ売上ゼロであったオフラインチャネルでの販路を新規で開拓。入社最初の四半期で売上1千万を達成し、2016年度はオフライン販路のみで17億円以上の売上高を達成。
    任天堂株式会社より、公式ライセンス認定されたNintendo Switch用モバイルバッテリー2種の提案からエクゼキューションまで担当。Switchとの互換性と安全性を実現し、バッテリー関連製品ではAnkerが史上初めて、任天堂から公式ライセンスを取得。日本起案の製品開発であったが、米国・欧州含めグローバルでの販売も実現し、Anker全体の売上に貢献。
    その他、株式会社ポケモンとのアライアンスプロジェクトや、福岡市との防災事業での協定締結、ユニバーサルミュージックとの共同ライブプロジェクトの立ち上げなど、多くの新規事業開発プロジェクトをリード。

    地域

    東京

    役割

    経営者

    規模

    ECのみで100億円超の売上、ハードウェアのAmazonの売上高1位ブランド

    期間
    2014年 〜 現在

    自己紹介

    米国の大学を首席で卒業後、Deloitte(監査法人トーマツ)入社。財務・会計のコンサルティング業務をはじめ、IPO、新規事業展開、経営再建など全社的な変革意思決定が求められる大型案件に複数参画。業界トップの海外子会社の業務プロセス改善案件では、米国現地へ赴き、CEO、CFOに対し、自らベストプラクティスの提言を実施。

    その後、大手PEファンド日本産業パートナーズ株式会社のポートフォリオグループに参画。投資先(売上:2000億円超)の事業推進本部を統括し、社内KPIの整理及びオペレーション再設計等を通じて、昨対比で毎月の数%のEBITDA改善。またExitも踏まえ各担当部署への円滑なスキルトランスファーを達成。

    2014年6月より外資系ファブレスメーカー、アンカー・ジャパン株式会社に入社。日本法人のマーケティングおよびセールスの責任者として部署立ち上げより参画。入社初年度で売上2倍以上、5年で約13倍以上に拡大。全既存カテゴリーの日本でのオンラインマーケットシェア1位に引き上げ、モバイルバッテリーは全販路、全メーカーも含めて16年度の日本での販売数量1位を達成。また新規参入カテゴリー(スピーカー、ケーブル等)についても1年以内にすべてオンラインシェア1位を実現した。現在は、COO、CMOの双方の役割を兼任するとともに、事業開発やサプライチェーンマネジメント等含めビジネス部門全体を統括。

    また個人では上場企業も含めEコマース・D2Cを中心として上場企業を含む複数の顧問をしております。またアジア最大級のマーケティングカンファレンス「アドテック東京」の公式スピーカー他、多くのセミナー講演実績多数。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)