プロジェクトマネージャー

  • システムインテグレーター
  • エンジニア

経験内容

☆実績や成果
1990年7月~2005年3月 前職場 (2億円~6億円)
・防衛省 受信装置及び処理装置等
・顧客との要件定義、ソフトウェア設計、GUI設計、データベース設計
・テスト計画作成、テスト推進
2003年4月~2006年3月 前職場 (2億円~8億円)
・防衛省 通信装置及び解析装置等
・顧客との要件定義、仕様書作成、技術審査対応
・ソフトウェア設計管理、外注管理、テスト計画作成、テスト装置設計
2007年4月~2014年3月 前職場 (2000万円~6億円)
・防衛省、外務省、国交省、海上保安庁、JAXA対応
・プロジェクトマネージャー
2015年4月~2017年3月 前職場 (5億円~16億円)
・気象庁向けレーダー及び観測処理装置
・プロジェクトマネージャー
2018年1月~2018年9月 現職場 (20万円)
・NECネッツエスアイ向けカメラシステム
・プロジェクトマネージャー
2018年10月~ 現職場 (7億円)
・某電力会社向けTV会議システム
・プロジェクトマネージャー
☆そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか
・顧客対応、技術審査に必要な課題を交渉し、無理なことをハッキリ
 伝えて事前調整して乗り越えました。
・不具合と要望が混在する課題に対して、明確な資料により分別して
 交渉して、しっかりと断りを告げました。
☆業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無
・レーダー事業は狭い業界なので進出は難しい。
・監視カメラ、TV会議は、有識者が多くいるため、個人の見解だけではなく、
 総合的な判断、サポート、メーカー紹介が可能。
☆関連する論文やブログ等があればURL
・https://www.jrc.co.jp/jp/about/activities/technical_information/report68/pdf/JRCreview68_13.pdf
・https://www.kaiho.mlit.go.jp/soshiki/koutsuu/ais-info.html
・http://www.jrc.co.jp/jp/product/lineup/maritime_security_system/index.html
☆お役にたてそうと思うご相談分野
・PM/PL不足、もしくは機能していない場合、交代させるのが
 最適と思いますが、それ以外のメンバーで支援する方法、
 回避策を相談して頂ければご協力できると思います。
・次期PM/PLの素質を早く見抜いて、教育、指導するための
 カリキュラムを一緒に考えることは可能です。
・心理カウンセラー資格があるので「気づき」による改善策、
 回避策を考える様に支援します。

地域

日本

役割

マネジメント経験

規模

顧客:官公庁、チーム:20名、契約金額:2000万円~6億円

期間
2001年 〜 2017年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

入社当初より、技術部門にて官公庁向けのHF通信機の受信装置及び解析処理装置のシステムの提案業務、見積もりから契約まで、ソフトウェアを中心とした設計及び管理業務を行って参りました。1994年より、恩師となる上司の推薦でシステムエンジニア育成として社外(日科技連:ソフトウェア品質管理セミナー)及び社内のSE研修を受講させて頂きました。官公庁向け地上無線機(HF)では、年間70~100式が10年間出荷される中量産体制の技術審査、設計、製造から検査に関する社内ライン構築に関わっていました。この頃より、プロジェクトリーダーやマネージャー業務が増えております。
2009年より、本格的にプロジェクトリーダーとして、レーダー事業に携わっておりました。2012年より、海域監視レーダーのプロジェクトマネージャーとして、仕様検討から要件定義、設計、据付調整工事までの管理業務を行いました。
2014年より、空港気象ドップラーレーダー及び観測処理システムのプロジェクトマネージャーとして、プロジェクト推進業務に携わり、社内外の管理業務と関係者育成に力を注ぎました。
2013年に会社移転が発表され、2017年12月に退職、2018年より現在の会社へ転職しました。
同年10月には、プロジェクトマネージャーとして、勤務先に派遣され、現在も本社に勤務しております。

職歴

開示前(決済前には開示されます)