イノベーションの創出における指導法や理論についてお話できます

  • 新規事業立ち上げ

経験内容

主に途上国の教育機関において、「イノベーション」を理解するための演習を行っています。
アップルやグーグルのような爆発的なものではなく、身の回りの製品、サービス、業務プロセスを、自らの経験や身の回りの情報をもとにして論理的に考え、付加価値を高める方策を自ら創り出す演習です。0→100ではなく、0→1の実現を目指します。
主な進め方は以下の通りです。
1)課題を設定する
(新製品、新事業、社会課題、仕事のやり方の改善など)
2)枠を外して考え、議論する
3)課題に対するアイデア出しを行う
4)事業化・改善に向けた実現性を検討する
5)経営者の前でプレゼンする
6)良いアイデアであれば事業化などをすすめる
日数は1~3日が標準です。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2014年からこれまで約10回実施しました。

どちらでご経験されましたか?

主に南アフリカの工業大学で英語で行っています。

その時どのような立場や役割でしたか?

公的プロジェクトの専門家として、実際に教壇に立っています。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

マネージメントアシスタンス株式会社 / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

大学卒業後、製造業で海外営業を経て、2008年に中小企業診断士として独立。企業での経営改善支援、従業員向け研修に主に従事。その経験を活かし、途上国の産業開発にも従事。これまで10か国以上で企業支援や研修、大学での講義を行っている。

職歴

  • マネージメントアシスタンス株式会社 /代表取締役

    2008/10 在職中