体外診断薬(臨床検査薬)外資及び国内系のメーカーにおける事業開発、マーケティング、R&D、臨床開発についてお話できます

  • 製薬(検査薬・試薬)
  • 事業開発

経験内容

国内における体外診断薬(臨床検査薬)業界において、大手メーカー2社で共同研究、製品開発、マーケティング、臨床試験の経験と実績があります。新規マーカー2つを含む8製品の上市に尽力。業界の概要や特徴、事業開発、臨床開発等の実務についてお話できます。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

事業開発/マーケティング:1987-1990
製品開発:1990-2001
事業開発/臨床開発:2003-2008
学術/営業推進:2008-2013

どちらでご経験されましたか?

ダイナボット株式会社(現アボットジャパン)
富士レビオ株式会社
TRSS株式会社(診断薬専門のコンサルティング兼CRO)

その時どのような立場や役割でしたか?

全ての業務の実務担当および主任研究員として

地域

東京、千葉

役割

事業開発・マーケティング、研究開発、臨床開発、販売管理(実務とマネジメントの両方)

規模

10~700人

期間
1987年 〜 現在

自己紹介

体外診断薬(臨床検査薬)業界で27年の経験。基本的には事業開発。R/Dの経験も長く製造ラインの立ち上げから、臨床試験も主担当となり承認取得、販売管理や人事総務まで幅広い実務経験あり。専門は、ウイルス性B型肝炎、イムノクロマトグラフィー。大学との共同研究やライセンス契約交渉なども経験あり。遺伝子検査関連の開発にも従事中。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験