CRMシステム導入におけるプロジェクトマネジメントについてお話できます

  • 製造業
  • 専門職
  • 経験内容

    世界No1化粧品会社におけるCRMシステム導入支援
    ・富士通製CRMシステムをグローバルスタンダードなOracleシステム(Siebel)にリプレイスするため、日本とAPACにまたがるクライアントのプロジェクト支援を実施。ビジネスサイドとITサイドのそれぞれのクライアントと協業し、カスタマージャーニー、シナリオプランニング、ビジネスプロセス、要件定義、テスト管理、稼動前後のサポートを実施
    ・ビジネスとIT間でのコミュニケーションパスを定義し、課題TODO一覧を作成。日々issueが出る困難なUAT(ユーザー受け入れテスト)の担当コンサルタントとして、UATを指揮。段階リリースしながら無事全ブランドを稼動

    地域

    東京と香港

    役割

    プロジェクトマネジメント経験

    規模

    コンサル部隊(当方含む):3人、クライアントチーム:20人、サポートベンダー:7名

    期間
    2016年 〜 2018年頃

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    職歴:(開示前)


    自己紹介

    約2年間システムエンジニアとして、楽天で2番目に大きい販売サイトである「楽天ブックス」のサイト運営に従事しました。そして、コミュニケーション能力と仕事の正確さが評価され楽天市場開発部門の経営企画部に栄転しました。 その後約3年間、執行役員会議の取り仕切り、経営幹部の意志決定を支援する会計管理、また人材担当として、中国およびインドの新卒スタッフ受入れ戦略を策定しました。 2013年から2014年にかけて英国のアストンビジネススクールに留学し、17カ国53人のクラスにおけるクラス代表を務め、Diversity環境下でのコミュニケーション能力・調整力を身に付けました。 MBA取得後、2014年12月にコンサルタントとしてガートナーに入社。その後、世界No1ボトラー日本法人でのIT部門の役割再定義、独立行政法人のIT戦略立案、世界No.1化粧品会社でのCRMシステム導入支援等様々なプロジェクトに従事しています。私の強みは、顧客とのリレーションシップ強化、多様な状況下でのプロジェクト推進、管理会計を初めとした数値分析能力を有することです。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)