小児科専門医による小児科、脳の発達、発達障害、自閉症、子供の教育や教材、英語教育・教材についてお話できます

  • 教育(教材)
  • 医療専門職

経験内容

2007年医師免許取得
小児科専門医、小児循環器専門医
小児科領域において、アレルギー疾患(食物アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎など)、神経疾患(けいれん、てんかん、発達障害、自閉症など)、小児がん(白血病、脳腫瘍、リンパ腫、若年胃がんなど)の診療、NICUでの新生児・未熟児診療の豊富な経験を持つ。
数多くの臨床経験を生かし、また臨床試験についても熟知し、臨床研究・基礎研究を行って積極的に論文を世界に発表し、エビデンスに基づいた治療を心がけてきました。
2018年9月より米国オハイオ州のNationwide Children's Hospitalで心臓の発生、先天性心疾患の発症機序および人類遺伝学に関わる基礎研究に従事しています。
小児科(脳の発達、発達障害や自閉症の原因および予防法、子供に適した教育や教材、英語教育・教材)について、米国と日本の違いや米国流の医療および研究に関する知見を含め、最先端医療・効率的なマーケットに関することをお伝えすることができます。
日本からのコンサルだけでなく、海外からのコンサルも英語でお受け致します。

地域

関東

役割

小児科医師

規模

1000床以上の病院

期間
2007年 〜 現在
関連する職歴
  • Nationwide Children's Hospital Postdoctoral Scientist
  • 慶應義塾大学病院
  • 埼玉医科大学国際医療センター
  • 慶應義塾大学病院
  • 横須賀共済病院
  • 慶應義塾大学病院
  • さいたま市立病院

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

Nationwide Children's Hospital / Postdoctoral Scientist

プロフィール詳細を見る


自己紹介

2007年医師免許取得
小児科専門医、小児循環器専門医
小児循環器領域において、先天性心疾患に対する2000例の心エコー検査、500例の心臓カテーテル検査・治療の経験を持つ。
小児科領域において、アレルギー疾患(食物アレルギー、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎など)、神経疾患(けいれん、てんかん、発達障害、自閉症など)、小児がん(白血病、脳腫瘍、リンパ腫、若年胃がんなど)の診療、NICUでの新生児・未熟児診療を経験。

数多くの臨床経験を生かし、また臨床試験についても熟知し、臨床研究・基礎研究を行って積極的に論文を世界に発表し、エビデンスに基づいた治療を心がけてきました。
2018年9月より米国オハイオ州のNationwide Children's Hospitalで心臓の発生、先天性心疾患の発症機序および人類遺伝学に関わる基礎研究に従事しています。

小児循環器(先天性心疾患、心臓カテーテル治療、心エコー、胎児心エコー)、小児科(脳の発達、子供の教育・教材、アレルギー、未熟児新生児医療)、基礎研究(心臓発生、先天性心疾患の原因、人類遺伝学)について、米国と日本の違いや米国流の医療および研究に関する知見を含め、最先端医療・効率的なマーケットに関することをお伝えすることができます。
時差はありますが、日本からのコンサルはもちろん、海外からのコンサルも英語でお受け致します。
何卒よろしくお願い申し上げます。

職歴

  • Nationwide Children's Hospital /Postdoctoral Scientist

    2018/9 在職中

  • 慶應義塾大学病院

    2016/4 2018/8

  • 埼玉医科大学国際医療センター

    2013/4 2016/3

  • 慶應義塾大学病院

    2012/4 2013/3

  • 横須賀共済病院

    2009/10 2012/3

  • 慶應義塾大学病院

    2009/4 2009/9

  • さいたま市立病院

    2007/4 2009/3

他の経験