産官学連携分野における人脈形成法についてお話できます

  • 産学官連携/官民連携

経験内容

宮城県知事、副知事の顧問、経済産業省の国プロ管理などを経験。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2007~2013年

どちらでご経験されましたか?

宮城県県庁、技術研究組合BEANS研究所

その時どのような立場や役割でしたか?

宮城県庁では経済商工観光部 参与として。BEANSプロジェクトでは技術研究組合BEANS研究所 副所長として

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

技術研究組合BEANS研究所 / 副所長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

1947年東京生。都立西高出身。1971年東京大学工学部物理工学科卒業、同年ソニー㈱入社。1974-76年米国に社内留学(南カリフォルニア大学修士号取得、ペンシルバニア大学客員研究員)ソニーでは磁気ヘッド・テープの開発、高純度金属、超伝導、磁気ディスク、光ディスク、光学フィルム。MEMSなどの開発研究を行う。1989-91年米国ソニーに駐在。その間、米国MRC社買収と立ち上げ等半導体製造装置分野を担当。以来、薄膜技術、実装技術に注力。生産技術開発センター長、RM研究開発部門長、仙台テクノロジーセンター代表を経て、2007年定年退社。宮城県経済商工観光部参与、技術研究組合BEANS研究所副所長を経て現在に至る。またナノテク分野では大阪大学特任教授も拝命している。

職歴

  • 技術研究組合BEANS研究所 /副所長

    2008/7 2013/3

  • 宮城県 経済商工観光部 /高度電子技術産業集積担当 参与

    2007/10 2012/3

  • ソニー株式会社 /仙台テクノロジーセンター 代表

    2003/3 2007/9

  • ソニー株式会社 /生産技術開発センター長、および 薄膜技術開発室長

    1991/4 2003/3

  • 米国ソニー(Sony Corporation of America) /Technology Director

    1989/4 1991/3

  • ソニー株式会社 /磁気製品事業本部 商品企画課およびニュービジネス推進室 統括課長

    1983/7 1989/3

  • ソニー株式会社 /磁気製品事業本部 研究開発本部 統括係長

    1976/4 1983/6

  • ソニー㈱社内留学(南カリフォルニア大学 および ペンシルバニア大学) /磁性理論の研究(修士号取得)アモルファス磁性体の研究(客員研究員)

    1974/9 1976/3

  • ソニー㈱ ソニー仙台 /磁気ヘッド開発、フェライト材料開発

    1971/7 1974/7