医療機器メーカーにおけるBIツールの導入について、プロジェクトマネジャーとしての経験をお話できます。

  • 医療機器卸
  • 経営企画/経営管理

経験内容

外資系企業にて、アジア全域でのBIツール(予算策定~予実報告まで行えるツール)導入プロジェクトにおける日本法人のプロジェクトマネジャーを担いました。人員欠員のため、自身でも手を動かし、マニュアル作成や予算の策定・配賦ロジック導入、社員向け説明など一気通貫で自ら実施して、期限内で有効なシステム導入を完了しています。
クラウド化により、海外の人員を活用した予算策定やレポーティングが行えるようになり、
また細かい予算作業は一定のロジックで済ませるなど、本プロジェクトの完結により、
相当の工数削減とワークシェアリングの仕組みを実現することができました。

地域

日本 / シンガポール / 上海

役割

アジア全域でのBIツール導入プロジェクトにおける日本法人のプロジェクトマネジャー

規模

200名(日本法人)

期間
2014年 〜 2016年頃

自己紹介

現在、東証一部上場のWeb企業で経理財務部長をしています。
以前は米系外資系企業に10年超勤め、主にヘルスケア事業でファイナンス・コントローラーの仕事をしていました。その他、外資の財務系コンサルティング会社にも勤めておりました。
経理財務全般の経験と知識がありますが、特に強みとしているのは海外を含めた予算編成や管理会計になります。管理会計については、戦略やKPIの設定から数字目標への落とし込み、実績のトラッキングまで一気通貫でお話しすることができます。
その他、業務プロセス改善、内部統制構築、システム導入とプロジェクト・マネジメント(海外含む)についても多くの経験がありますので、特定するべき必要なタスクや、進め方の留意点などをお話しすることができます。
日本において、強い経営管理と管理会計を広く企業が活用していけるよう努めて行きたいです。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験