IT企業における経理財務ERPシステムの導入(海外展開含む)について、プロジェクトマネジャーとしての経験をお話できます。

  • WEB(ポータルサイト)
  • 経理

経験内容

新ERPシステムへの導入におけるプロジェクトの進め方の要諦についてお話できます。
私自身はプロジェクトマネジャーとしてかかわるとともに、経理財務部長として経理財務に関わる業務構築について同時並行で関わりました。但し、IT企業での経験に基づきますので物流及び在庫管理については除きます。
国内はプロジェクト開始から1年、海外は+半年でシステム導入を完了できました。
本導入により、海外含めた連結作業に必要な日数が半減し、プロセス統合や証憑の電子化を進めることができました。財務諸表をレビューする立場からは、各伝票までドリルダウンして数字を迅速に見れるようになりましたので、相当に利便性も上がりました。

地域

日本、英国

役割

グローバル・プロジェクト マネジャー

規模

国内外600名

期間
2017年 〜 2018年頃

自己紹介

現在、東証一部上場のWeb企業で経理財務部長をしています。
以前は米系外資系企業に10年超勤め、主にヘルスケア事業でファイナンス・コントローラーの仕事をしていました。その他、外資の財務系コンサルティング会社にも勤めておりました。
経理財務全般の経験と知識がありますが、特に強みとしているのは海外を含めた予算編成や管理会計になります。管理会計については、戦略やKPIの設定から数字目標への落とし込み、実績のトラッキングまで一気通貫でお話しすることができます。
その他、業務プロセス改善、内部統制構築、システム導入とプロジェクト・マネジメント(海外含む)についても多くの経験がありますので、特定するべき必要なタスクや、進め方の留意点などをお話しすることができます。
日本において、強い経営管理と管理会計を広く企業が活用していけるよう努めて行きたいです。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験