一般消費者向けイベントにおける企画の立て方、演出・拡散方法の検討、注意点などをアドバイスできます

  • 広告代理店
  • マーケティング

経験内容

具体的な経験の内容

情報が溢れる中、”体験”の重要性が再度注目を浴びている。
実際に見て、聞いて、触って、味わって、という体験を創出することで、ファンを増やしていく「体験装置・拡散装置としてのイベント」を多数実施。

実績や成果

東京・大阪・名古屋・福岡をはじめ、各都市にて、大規模~小規模まで様々な体験イベントを企画・実施。
商材は飲料や食品などが中心。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

様々な面白いイベントがある中、ターゲットに積極的に参加・来場してもらうための工夫が必要。
興味を喚起する仕立て・演出から逆算してコンセプトを検討していく手法で、イベント内容とPRすべき商品・サービスをつなげていった。

お役にたてそうと思うご相談分野

一般消費者に向けてのイベント実施の際の企画の立て方、演出の検討、注意点などをアドバイスいたします。

地域

東京

役割

プロジェクト責任者

期間
2009年 〜 2017年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

09年PR会社にてキャリアをスタート。
国内大手乳業メーカーをクライアントに戦略立案からPR実施(イベント~メディアプロモート)まで、幅広く担当。
11年に国内大手広告代理店へ入社し、ビール・ウイスキー・リキュールを中心に、数多くのキャンペーンを担当。広告コミュニケーションだけでなく、商品開発や売り場コンサルなども実施。
17年より外資大手広告代理店へ入社。国内大手食品・化粧品・生命保険を担当。
消費財をメインに、コンセプト・商品開発/ATL/BTL/メディア業務、領域を問わず、プロジェクトに応じて対応しています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験