消費財を中心とした広告・PR・マーケティング・商品開発についてお話できます。広告代理店・PR会社のハンドリングなど。

  • 広告代理店
  • マーケティング

経験内容

具体的な経験の内容

商品開発から広告制作、メディアプランニング、およびイベント、PRまで、マーケティングコミュニケーション領域を一貫して経験。主にナショナルクライアント・外資クライアントにおいて、消費財を中心に担当。

実績や成果

派手なコミュニケーションよりも「売りにつながる=ビジネスとして成果をあげる」施策を実施。
例えば、某老舗チーズブランドにおいて、前年比120%を2年連続で達成し、過去最高売上を記録。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

ともすれば、見失いがちになる、
PR会社での”メディア視点”と広告代理店での”マス視点”をクライアントへ提供することで、
プロジェクトの根幹から併走することが可能。

お役にたてそうと思うご相談分野

「商品・サービスに関する広告・PR・マーケティング・商品開発のご相談」はもちろんのこと、
PR会社・広告代理店経験者として、
「PR会社・代理店の選定の仕方、ハンドリングの仕方、価格交渉の仕方」などもご協力可能。

地域

東京

役割

PR会社にてPRプランナー(企画開発、メディアプロモート)、広告代理店にて営業担当および責任者

規模

PR会社:20名 ナショナルクライアント業務/大手代理店:3500名 ナショナルクライアント業務/外資代理店:200名 ナショナルクライアント業務および外資クライアント、ベンチャー企業

期間
2009年 〜 2017年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

09年PR会社にてキャリアをスタート。
国内大手乳業メーカーをクライアントに戦略立案からPR実施(イベント~メディアプロモート)まで、幅広く担当。
11年に国内大手広告代理店へ入社し、ビール・ウイスキー・リキュールを中心に、数多くのキャンペーンを担当。広告コミュニケーションだけでなく、商品開発や売り場コンサルなども実施。
17年より外資大手広告代理店へ入社。国内大手食品・化粧品・生命保険を担当。
消費財をメインに、コンセプト・商品開発/ATL/BTL/メディア業務、領域を問わず、プロジェクトに応じて対応しています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験