化学品材料(シリコーン、エポキシ、グラファイト、インキ・塗料用原材料)の市場動向、及び販売ルートについてお話できます

  • 営業/マーケティング
  • エネルギー/インフラ
  • 経験内容

    これまでの経験内容(現職、及び過去の勤務先での経験含む)
    ① 2000年~2005年:外資系エポキシ接着剤メーカーにて、導電性・絶縁性接着剤、ダイアタッチ材、UV接着剤の国内・海外ユーザーへの拡販。
    ●半導体実装、インクジェットプリンター、電子部品分野を管轄。
    ●半導体実装(2次工程)、インクジェットプリンターヘッド、電子部品製造工程でのエポキシ材料の傾向、各プレーヤーの特徴について相談が可能。
    ②2006年~2015年:外資系シリコーン材料メーカーにて、放熱接着剤、放熱グリース、コンフォーマルコーティング剤の国内・海外ユーザーへのマーケティングマネージャーとして、半導体、電子部品、ディスプレイ、パワーエレクトロニクス分野を管轄。
    ●業界トレンド、プレーヤーの特徴と注力分野、製品トレンドの知見が豊富。
    ●特に放熱材料(TIM)としての、接着剤・シート・グリース・封止材、LED照明封止材、断熱材の製品ごとのトレンド、コンフォーマルコーティング剤の各プレーヤーの製品特徴、注力分野の相談が可能。
    ③2016年~現在:外資系最大手のグラファイトメーカーと協業し、黒鉛グラファイト材料の日本国内市場を管轄。その後は化学品商社に勤務し、グラファイト以外にも化学品原料をインキ、塗料、接着剤、ディスプレイ業界に拡販している。
    ●黒鉛グラファイトシートメーカーの動向と注力分野、黒鉛電極と電炉化のトレンド、価格動向、海外・日本での市場動向についての相談が可能。
    ●化学品業界については、インキ、塗料、ディスプレイ用樹脂関連での使用製品や、メーカー動向、ユーザー動向を相談可能。
    ●最近の傾向として、UV材料(インキ、塗料、コーティング、接着剤、OCA/OCR)の市場動向、UVオリゴマー・モノマー、断熱材、セルロースナノファイバー等のメーカー開発傾向の相談も多くなっている。

    地域

    日本国内、海外(米国、韓国、中国)

    役割

    営業マネジメント

    規模

    現職ではグローバルで500名程度。ユーザーは大手半導体、電子部品、ディスプレイ、インキ、塗料メーカーなど。

    期間
    2000年 〜 現在

    概要

    過去20年来、外資系化学品メーカー・商社にてエポキシ接着剤、シリコーン材、黒鉛グラファイトシート、スーパーエンジニアプラスチック、及びインキ・塗料・接着剤・コーティング用原料の営業・マーケティングの管轄をして参りました。日本国内市場を中心に、韓国や中国市場他にも展開して来ました。

    a) 過去~現在までの主要取扱製品にて、以下のご相談が可能です。
    ① エポキシ系及びシリコーン系樹脂(放熱、接着、封止・コーティング)、粘・接着剤、コンフォーマルコーティング剤、ホットメルト接着剤、放熱シート(黒鉛グラファイト)、断熱材、放熱フィラー(アルミナ、窒化アルミ、窒化ホウ素、マグネシア)、セルロースナノファイバー、紫外線吸収剤の市場性、製品開発動向、及び用途展開、メーカー動向、新規参入海外メーカー動向など。
    ② アクリレート・ウレタン・エポキシ系のUV硬化性樹脂(インキ、塗料、コーティング、接着剤、OCA/OCR用途)とその原材料(モノマー、オリゴマー)の市場性と開発傾向、新規参入海外メーカー動向、用途展開の動向など。
    ③ 印刷インキ(オフセット、グラビア、スクリーン、フレキソ)用、塗料用原材料の動向、及び海外新規参入メーカー動向など。
    ④ ①~③に関するユーザー動向(エレクトロニクス、電子部品、産業機器、通信、印刷インキ、塗料、電子材料業界など)。
    ⑤ 以上の化学品業界において、営業戦略の立案、人脈を駆使したターゲット企業への商談設定、アライアンス先企業(業務委託業者、販売代理店含む)の紹介。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)