【法人営業】経営者の経営課題解決支援からの新規開拓、既存顧客の売り上げアップ支援についてお話しできます

  • 金融(生命保険)
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

経営者の経営課題解決支援からの新規開拓、既存顧客の売り上げアップ支援
経営者の抱える課題解決支援を専門家と連携して解決することで、ターゲット先の経営者との良好な関係を築き、成果に繋げていく手法を提供できます。この手法に精通した専門家の紹介もできます。
<成果>
・社内のコンサルティング部門と連携して、生命保険の新規見込先に対して、自社株評価、従業員退職金制
 度策定、人事労務の3種類のコンサルティングサービスを提案。ターゲット選定やアプローチ話法に独自
 手法を取り入れることで、全社平均33%の成約率の中、成約率80%・年間10社の新規取引に成功。
・税理士向けのメールマガジンサービスを企画。マーケティングをテーマとした内容で500名の読者獲得。
 しかも、自身で原稿を書かずに、戦略的提携の手法の活用で、専門家の原稿を無料で使用し、ローコスト
 で質の高いメールマガジンを6年間発行。
 その読者向けにセミナーを実施し、平均15名の集客、セミナー受講費・教材の販売で100万超の売上。

地域

東京、名古屋、埼玉

役割

本社マーケティング部門では企画立案、営業現場では企画の遂行の両方を経験しています

規模

3,000名以上

期間
2002年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

大学卒業後、大手損害保険株式会社に入社し、その後グループの生命保険会社に出向し、22年間勤務中。営業部、営業推進部、人事総務部(兼務)を経験する。
入社後6年間損害保険の代理店営業を経験。当初は、毎日先輩に怒られる毎日で自信を失っていたが、先輩に勝つためには新しい分野にチャレンジし、そのエキスパートになることが必要だと考え、当時子会社を立ち上げたばかりの生命保険に取り組み、支店内でもトップクラスの知識と経験を積む。法人経営者への生命保険の販売支援に力を入れ、セールススキル、財務知識、戦略的提携の基礎を身につける。この経験が法人向けコンサルティングに興味を持つきっかけとなる。
 入社7年目の2001年に、当時最年少で生保会社へ出向となり、東京地区のリテール部門で生命保険の代理店営業に従事。新規の代理店開拓では、某外資系生保が直販社員制度を廃止するという情報をキャッチしたこときっかけに、囲い込みのプロジェクトを立ち上げ、プロジェクト取組(企画、運営、研修)の基礎を学ぶ。当時東京地区7組織中、下位の常連であった担当部署の実績において、プロジェクトの成果だけで年間目標の50%を占める成果を挙げ、担当部署を全国10位・東京地区2位まで引き上げ、社員表彰を受賞。
 2005年に名古屋地区の法人部門に異動となり、企業、自動車ディーラーの生命保険代理店部門を担当。担当の一部門は名古屋地区内で唯一目標を達成できていない部署であったため、最初の半年間は苦労したが、それまでに培った知識を活かし、大手会社の代理店部門では、セミナー営業スキームを提案し、当初の大口契約の見込先なしという状況からセミナーで集客した見込客の中から四半期に1社の大口契約を獲得できるようになるまでに代理店の営業体制を大変身させる。また、当時ほとんど取引のなかった住宅販売会社にて、ファイナンシャルプランナーとの戦略的提携による住宅販売スキームを提案し、導入プロジェクトのリーダーを務め、現在まで10年以上成果が出続ける提携を構築。名古屋時代に、セミナーマーケティングと戦略的提携のノウハウを習得できたたことは大きな自信となる。
 名古屋での成果が認められ、2007年から本社マーケティング部門に異動となり、全社の営業推進を担当。着任当時は、営業と違う環境で苦しんだが、徹底的に企画力、調整力を鍛えられる。代理店の活性化、新規開拓の担当となったことで、これまでの経験を生かし、セミナーマーケティングと戦略的提携による新規開拓スキームを企画。部内でのプロジェクトを立ち上げ、全社への展開を指揮。新規販売チャネルの開拓では取り組み初年度に前年比255%の成果を揚げる。
 現在は、営業拠点の責任者として、拠点のマネジメント業務、社員、代理店教育に加え、これまでの経験を生かして、代理店に対するコンサルティングやプロジェクトにも携わっている。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験