営業アシスタントやカスタマーサービスのチーム作りやパフォーマンスの向上方法についてお話しできます

  • 金融(証券会社)
  • 法人営業

経験内容

具体的な経験の内容

営業アシスタント/カスタマーサービスチームのパフォーマンスの向上、顧客との話し方の指導、力量に合わせた配置、新たなキャリアパスの創設、キャリアコーチング、コミュニケーションの問題解決、人事管理、採用、トレーニング
*主に金融業界にいましたが、内容的には営業トレーニング及びかなり人事に近い仕事です

実績や成果

・ 2つの会社が合併したチームの、採用基準や営業アシスタントの役割に対する認識やモチベーション、個々人の実力、給与がバラバラだった。→ 役割や仕事内容、会社の評価基準、期待値を明確化、実力に見合った給与レベルに徐々に移行。力量のあるアシスタントの採用と同時に、パフォーマンスがよくないスタッフの配置転換や退職勧奨。
・ 営業の男性陣とペアを組む際の相性の悪さやコミュニケーションの問題、ハラスメントの問題→ 大きな問題については会社の人事や上層部へ冷静に報告し、対処してもらう。日常の問題については、その問題が何に起因するのか(経験不足、コミュニケーションの食い違い、コミュニケーション不足など)を把握し、関係者間を取り持ち、指導し、必要ならペア変更で対処。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

・ いずれの課題、問題も、逃げずに各人としっかり向き合い、傾聴し、スタッフが納得するまで話をしてきた。話した時に期待通りに変わらなくても、時間の経過とともに変わってくる。ビジネスは短期の結果を求められても、人は急に変われないので、焦らず取り組んできた。
・ パフォーマンスやモチベーションが低いスタッフの対処→ コーチングスキルを使いながら指導。当人のモチベーションを気が付かせることにより、自らの意思で、配置希望や退職希望を願い出て、チームから離れていった。それにより、新しく採用が可能になった。

お役にたてそうと思うご相談分野

・ チームビルディングに困っているチームリーダーの方へ、チームメンバーの才能の把握の仕方や活かし方、モチベーションの高め方、コミュニケーションの改善方法
・ キャリアの方向性がわからなくなっている人たちへのコーチング
・ お客様と電話で話す際のコミュニケーションの指導
・ お客様へ言いにくい話をメールで伝える際の書き方

地域

東京

規模

女性ばかり20名強のチームで60名の営業部隊をサポート

期間
2007年 〜 2017年頃

自己紹介

これまで5回の転職経験を持ち、主に外資系の金融機関にて営業関係の仕事をしてきましたが、ここ10年ほどは管理職として、営業アシスタントやカスタマーサービスのリーダーを務めました。自分自身の営業経験やプロコーチ養成スクールにおける200時間以上のコーチとしてのトレーニングを活かし、「相手に伝わるコミュニケーション」を指導してきました。
また、自身の転職経験や「ウェルスダイナミクス」(一般社団法人 日本適性力学協会)の認定プラクティショナーの資格を活かし、人の個性や強み・弱みをベースにしたキャリアの選び方、収入アップのためのキャリアの作り方、チームビルディングや採用のアドバイスなど、キャリアの方向性で悩んでいる個人の方やチーム作りに苦戦しているチームリーダーの女性の方へのコーチングもしています。
現在は某インターナショナルスクールで資金調達の仕事をしており、寄付者の皆さまとのリレーションシップを構築・維持するチームの長を務めています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験