産業設備の新設・改造プロジェクト又は設備保全(設備事故防止、故障休止低減、保全コスト低減)等の技術コンサルが可能です。

  • 金属(鉄鋼)
  • エンジニア

経験内容

具体的な経験の内容

プラント関連の業務期間と、その際の立場
 (1製鋼工場と高炉工場等の機械・電気・計装・計算機設備の保全管理業務を約7年間、
  立場は、室長および掛長。
 (2)新設設備のFS~設計検討~工事品質管理~試運転等のプラント新設プロジェクトの
  実行管理業務約13年間、
  立場は、グループリーダおよびプロジェクトリーダー。
 (3)設備部の機械技術スタッフとして、故障原因調査、改良保全等の技術支援業務を約7年間、
  立場は機械技術掛員。

実績や成果

  プロジェクト業務では連鋳設備新設・改造等を無事故で予定工期枠内に約8機実行した。
  保全管理業務では、設備原因故障休止時間率(対操業作業をすべき歴時間)を約0.5~1.0%に維持した。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

  技術面、防災面、工期面で多くの問題が発生したが、蓄積したユーザーノウハウと高い技術力および
  一丸となった組織力等で解決した。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

  産業設備の新設・改造プロジェクトのFS~設計検討~工事品質管理~試運転等の技術コンサル、
  又は設備保全(故障休止低減、保全コスト低減、要員育成、防災)等の技術コンサルが可能です。

地域

福岡、千葉、名古屋

役割

転炉・連鋳設備等建設のプロジェクトリーダーおよび転炉・連続鋳造・高炉等の設備保守管理業務の整備室長

規模

設備建設プロジェクトの規模は約30~100億円/件、保全業務の担当対外費用は約30億円/年

期間
1972年 〜 2002年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

私は生産設備保全管理にかかわる下記の知見を保有しています。
(1)設備能力増強技術(能力&品質向上、故障休止低減、長寿命化技術等
(2)設備保全管理のPDCA適用技術(計画→実行→履歴管理→改良保全)
(3)設備保全方式選定&実行(予防保全、状態保全、事後保全、最適保全)
(4)多くの設備事故事例や設備長寿命化事例

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験