触媒反応プロセス開発におけるゼオライト触媒を用いた有機化合物合成についてお話できます

  • 総合化学
  • 研究開発

経験内容

アンモニアとエチレンオキシドを反応させてエタノールアミン類を合成する反応においてゼオライトの形状選択性を活用してジエタノールアミンを選択的に合成プロセスを企業化した。ラボ検討からベンチ・パイロット・実機へのスケールアップ・プロセス開発を行った。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

1990-2004

どちらでご経験されましたか?

日本触媒

その時どのような立場や役割でしたか?

研究責任者

一番誇りに思う成果はなんでしたか?

世界初のジエタノールアミン選択製法を企業化できた

関連する論文やブログ等があればURLを教えてください

http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000000514068

地域

川崎

役割

研究開発・プロセス設計の責任者

規模

プラント規模 5万トン/年

期間
1994年 〜 2003年頃
関連する職歴
  • (株)日本触媒 技監

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

早稲田大学 / 客員上級研究員(研究院客員教授)

プロフィール詳細を見る


自己紹介

中堅化学会社に入社以来、基礎化学品を合成する新規な触媒の開発とそれを用いたプロセスの開発に従事した。
3件の案件で企業化に成功した。
退職後、早稲田大学で客員教授をしている。
RE技研として触媒やプロセス開発に関するコンサルタントも開始した。

職歴

  • 早稲田大学 /客員上級研究員(研究院客員教授)

    2018/12 在職中

  • RE技研 /代表

    2019/1 在職中

  • (株)日本触媒 /技監

    2008/3 2018/12

  • 同志社大学 /嘱託講師

    2017/4 2018/9

他の経験