異業種交流会を開催し集客アップする仕組みについて

  • 飲食(居酒屋・バー)
  • 法人営業

経験内容

具体的な経験の内容

新店及び対策店舗で店舗の認知度と集客アップ

実績

繁忙期前に年3回実施。
10年間で異業種交流会を開催し600社1000名以上が参加。
その他、セミナー及び婚活も実施。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

新店及び対策店舗(売上不振)の状況で如何に認知度を上げて集客アップしていくか大きな課題でした。
異業種交流会をする事により様々な業界の方々が集まり意外なビジネスチャンスに繋がった。
お店にも売上の相乗効果となった。

お役にたてそうと思うご相談分野

異業種交流会を開催する仕組みとその後、継続していく仕組み。

地域

西日本全域

役割

新店及び対策店舗支援 担当

規模

上場企業、労働組合、共済会、団体、中小企業100名以上

期間
2003年 〜 2014年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

【所属歴】 
2003年4月 店長代理として郊外店舗に配属
2004年10月 広域法人部に異動(西日本担当マネージャー)
2013年10月 グループ本体の法人営業本部(BtoB部門)へ異動
【業務】 
・法人30千社のサイト運営企画及び集計の責任者も兼務。
・役員及び管理職以上を対象にした異業種交流会を開催。
・各エリアの店長教育、外商担当教育、法人営業のマニュアル作成
 -法人データ管理権限責任者及びエリア毎の検証と助言。
 -異業種交流会の企画教育及び助言。
 -新店の法人支援業務。
【実績】
・2008年10月~2009年3月グループ内の販促キャンペーンにて
 対象社員10千名中、
 個人売上3位に入賞。
・優良法人契約実績、近畿圏内 133社(会員合計636千名)
 他府県 318社(会員合計108千名)
・大手生命保険主催のイベントに協賛し6千名にタイアップ券配布。
・大手量販店と提携しクーポンを発行。販売促進に貢献する。
 (回収率5%を達成)
・ビジネス異業種交流会で600社、1,000名以上の集客を達成
 交流会に付加価値を付ける為、参加法人を繋ぎ合わせ上場企業の業務提携及び
 年間契約80,000千円の受注をサポート。
・入社から現在まで新店立ち上げ支援に携わった店舗数は11店舗。
・地方銀行の会員と当社会員の特典併用提携を完了。 近畿一円の各支店の窓口に設置。
・20~30代の若手の男女を対象にコミュニケーションクラブを定期的に開催。
初回、15社90名を集客。企画立案及び司会進行に従事。
【マネジメント経験】
2010年、特定のエリア内で法人プロジェクトを試験実施、
外商担当者3名のマネジメントを担当。
特に店舗の集客を軸に指導。実績としては3ヶ月後に
エリア内の前年比10%アップ。
その後も継続的に目標数値をクリアー。
 全体の業務としては「法人分析、新店及び不振店へサポート、
大手法人 会員獲得」
 3つを軸に業務を遂行しました。

職歴

開示前(決済前には開示されます)