ベトナムにおける企業進出の詳細をお話し出来ます。

  • HR(コンサルティング)
  • 経営者

経験内容

ベトナム進出アドバイザリーとして5年の実績があります。公的機関からは受ける事の出来ない現地での生情報を元に、親身となってご説明させて頂きます。

日系上場企業様・中小企業様数十社

進出場所の選定から現地法人設立まで、日本とは違う煩雑なルールや手続きのお手伝いが出来ます。

ベトナム特有の商習慣や政府との煩雑なやりとりは熟知しております。

特に製造企業様の進出に関しては経験が多いですが、サービス企業様の進出サポートも出来ます。

地域

ハノイ ホーチミン ダナン

役割

企業進出アドバイザリー

規模

10名以下

期間
2015年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

[2007年04月~2014年03月]
香港支店(董事・総経理)・深圳支店(総経理)・深圳工場(監査役)
*北川工業香港(販売現法)および深圳支店(販売現法)の責任者として会社経営(拠点間経営)から顧客対応まで幅広く対応。
*主要な顧客としてCANON,XEROX,RICOH,KYOCERA,EPSON,のOA機器メーカーを中心にEMI製品・樹脂成形品を販売。
1億2,000万HKD/年商 売上金額 (計12億円/年) を達成(7年間)
*新規開拓として中国企業であるZTE・HUAWEI・BYDへEMI商品をスペックイン。
・ 責任範囲は中国全土・ベトナム・フィリピン・韓国の日系企業を開拓
・ 既存製品の売上減少を最適化しつつ、新規顧客や製品を拡販し売り上げの維持・増加に努める。
・ 中国ビジネスでは人脈が重要であり、ローカル商社を活用しての販売活動に努めることで中国語も習得。

[2006年04月~2007年03月] ハノイ駐在事務所(駐在事務所長)
脱中国を推進するにあたりベトナム進出を決定後、立ち上げ役として抜擢され、ハノイへ駐在し会社設立から工場設立計画まで担当。
短期間ではあったが1年間で築き上げた人脈は健在であり、今でもハノイを中心に技能実習生制度の活用や企業進出サポートなどが可能。

[2000年10月~2006年03月] 北川工業 横浜支店
担当先:IBM, XEROX, RICOH, PANASONIC, JVC, 日立, 古河電工,住友電工など
北川工業の主要拠点である横浜支店で、大手企業へのスペックイン活動に従事。
特に関東エリアに集中していた通信機器メーカーとのビジネスでは、技術的ノウハウを取得(SE化)。
電磁波対策部材を中心に、振動・衝撃・騒音・省配線対策部品を販売する過程で、ハードとソフトの融合の必要性を大きく感じ、自らセミナーの出来るセールスエンジニア(SE)となる。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験