会計業務構築コンサルタント

  • 小売(GMS)
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

【主な業務内容】会計システム導入コンサルティング 
会計法規、税制への専門的理解を生かした、財務会計・管理会計・税務会計の
トータルでの業務標準化、定着化、およびシステム導入コンサルティング。
システム面においては、SAPの特性を生かしながら、営業系システムとの 最適な統合支援。
1.会計業務標準化支援
 各国の会計基準、税制と日本の基準との差異を考慮した、会計業務体系の標準化
 1)勘定科目体系の整備
 2)取引体系の整理
 3)法定帳票の整備  
 4)月次報告サイクルの適正化(経理業務の負荷の適正化、標準化)
2.営業取引の会計処理
 1)取引体系と会計処理体系の整理(請求管理、債権債務管理、収益の認識時期、計上部署、各国税法の取扱)
 2)税務インボイスの自動化(各国法定要件の確認と実装、税務官署への申請支援)
 3)新店開店時の立ち上げ支援
3.制度改正対応
 1)アセアン各国で毎年頻繁に発生する会計制度、税制の変更への対応
  (影響度調査、システム変更影響判断と対応フォロー)
4.その他改善要望対応(固定資産管理、延滞債権管理等)
 1)会計業務改善要望対応
【アセアン進出企業への支援】
国内市場の構造的な制約もありアセアン市場への進出が加速しています。
ただ、現法へは必ずしも会計の業務に精通している方がアサインされるわけではありません。
現地ローカルスタッフに一任してしまう例も多いと思います。
彼らから「この国ではこう処理します」と説明を受けることもあると思いますが、
自己流、会計基準に従っていない、本部サイドからの業務統制の視点が考慮されていない等、
課題が多く、取引規模・業務が拡大してからでは、正規化が困難になります。
ローカルスタッフとのコミュニケーション、現地会計事務所への確認等も支援いたします。

地域

ベトナム、インドネシア、カンボジア、マレーシア、日本

役割

会計業務構築コンサルティング

期間
2002年 〜 現在