海外ネット販売歴10年、国内ネット販売歴16年。現在はamazon,Ebayで販売してます。海外進出のサポートを伝えます

  • WEB(EC通販)
  • 海外営業/海外進出

経験内容

具体的な経験の内容

まずは「購入者第一」。
思っている以上に、海外販売も国内販売も変わりはないですよ。
これからは海外を視野に入れないと、国内だけだと淘汰されてしまうのは目に見えてます。
ただ・・・・
どうやって、外国で販売するの?
どうやって、送ったらいいの?
どうやって、入金管理したらいいの?
ドイツ語とかスペイン語はおろか、英語もわからないのに・・・・
私はイチから手探りで一つ一つクリアしてきました。

実績や成果

データベースソフトを駆使して、まずはヤフオクから挑戦し、
その後、楽天、ヤフーショッピング。
そして、日本amazon販売。
しかし・・・・リーマンショックを期に、
これからは海外でも販売だと考え、
海外のアマゾンで販売を開始。
噂を聞きつけて、
自社でもネット販売を行いたいと
小売店や卸業者、そして製造会社などから依頼を受け、
最終的に自社でネット事業部を立ち上げ、
自分たちで行えるところまで、一緒にやってきました。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

壁が表れないはずがない・・・ここが基準。
壁にチャレンジしていく時が、一歩前に行けるとき。
そう捉えて、懸命に勉強、研究し、
一つ一つクリアしてきました。
まずは深く情報を調べること。
今やGoogle Crome だと日本語翻訳が簡単になりましたが、
昔は翻訳機片手に必死に英語のサイトを研究してました。
今の時代は様々な情報があるので、フェイク・インテリジェンスを区別するほうが難しいくらい、
たくさんの情報があります。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

トレンドを捕まえるのは、様々な情報を仕込んでいくこと。
ネット情報やTVや新聞の情報からも大切ですが、
最近は日本国内でムーブメントを起こすために、流行ってもいないものを”NYで大流行”とかの特集とかも組まれています。NYの友人(実は元々、商品を購入してくれたお客様)に問い合わせると、
”そんなの聞いたこともない・・・・”などなど。
結局、現地の人に聞いてみるのが、一番なんです。
私は海外滞在の経験から、遠慮なく質問することは相手に失礼なことではないということを学んでいたので、
顧客でも友人でも、ズカズカ聞きます。
逆に日本の方への質問は少し遠慮がちですが。
また、現地の物流業者と店舗情報なども現地に人をたどっていくのが、一番なのかなとも思えます。

お役にたてそうと思うご相談分野

これから海外も視野にしなければと、心のどこかに引っかかっている方。
まずは海に爪を立ててみましょう。
思っている以上に簡単ですから。
どこの地域にトレンドがあるのかや
自社の商品・技術・サービスが海外で通用するのか?など、
JETROとかでは捉えづらい情報があります。

役割

立ち上げから販売管理、在庫管理、クレーム・質問などの対応、発送、入金管理などなど

規模

ネット事業部の立ち上げ数は16社。その後、自社で管理していただくまで一緒にやってきました。

期間
2003年 〜 現在
関連する職歴
  • 合同会社 歌屋