Webやモバイルアプリにおけるテスト自動化のノウハウ共有と、そのためのQAやSETチーム立ち上げの支援ができます

  • システム・ソフトウェア開発(一般消費者向け)
  • エンジニア

経験内容

具体的な経験の内容

急成長するビジネス状況の中で、Webやモバイルアプリ向けのテスト自動化を推進する経験があります。また、その状況の中でチーム立ち上げを担当した経験もあります。

実績や成果

自動化による効果としては、(かけたコストにもよるとはおもいますが)数日の作業が1時間以内になったり、単純な比較だと劇的な効果が生まれており、くりかえし活用することでたくさんの時間削減にはつながっています。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

どんな環境においても、ビジネスに直接直結しない「テストによる品質改善」はなかなか取り組みにくいですが、自動化技術を用いて改善をすすめ、社内外に発信することで、取り組みが徐々に「あたりまえ」になっていく文化は積み上げられたかと思います。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

関連する海外カンファレンスに参加し、国内で情報を共有するイベントを開催したりすることで、テストや品質界隈のトレンドや動向については、国内でも高いレベルの情報を持てるようになった来たように感じています。

関連する論文やブログ等があればURL

https://goo.gl/LS7iup

お役にたてそうと思うご相談分野

- テストやプロセスの自動化
- テストや品質、QAに関連する組織づくり
- 業界動向

地域

東京本社

役割

自動化&品質保証におけるエンジニアリングマネージャ経験

規模

開発だけで数百人規模

期間
2017年 〜 現在
関連する職歴
  • 株式会社メルカリ エンジニアリングマネージャ

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社メルカリ / エンジニアリングマネージャ

プロフィール詳細を見る


自己紹介

エンタープライズ系業務システムの開発や、海外のアプリケーションサーバ製品を利用した企業向けポータルサイト構築に、開発リーダーとして5年以上の経験があります。

2010年ごろから、アジャイル開発、リーン開発、スクラムなどを取り入れたWebアプリ開発にアジャイルコーチとして取り組んでいます。実際にニュースサイト、SNS、ブログといったサービスを開発・運用するメンバーと一緒に働き、ワンチームを目指しながら現場の問題を共に改善しています。

毎年アメリカで開催されるAgile Conferenceという世界規模のイベントへも参加しており、(2010年〜2012年)、その参加報告をイベントで発表してから、国内のコミュニティ活動にも参加するようになりました。カンファレンスや勉強会での発表、イベントへのスタッフ参加、イベント自体の開催など、積極的に行ってきました。2014年の秋には『リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営(http://www.amazon.co.jp/dp/427406932X/)』を翻訳しました。

その後、ECサイトのエンジニアリングマネージャを経験し、現在も、QA & SETチームのマネージャという役割の中で、現場のプロセス改善や、チームマネジメントを通して、ビジネスと技術を最大限に生かしたソフトウェア開発を目指し、挑戦をし続けています。

専門分野:
* アジャイル開発の実践、導入支援
* 開発ツールや仕組みを活用したプロセス改善
* プロジェクトマネジメント、チームマネジメント
* 要件定義からリリースまでのバリューストリームを意識したリーンな開発実践
* CI/CD実現のためのプロセスやテスト自動化
* 勉強会やコミュニティによるオープンな知識共有

職歴

  • 株式会社メルカリ /エンジニアリングマネージャ

    2017/1 在職中

  • 楽天株式会社 /エンジニアリングマネージャ、アジャイルコーチ

    2008/7 2016/12

他の経験