部門運営の調査、改善及び社員評価ノウハウの提供ができます。

  • 専門職
  • メディア
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

     ・部門の評価及び社員の評価がうまくできない企業様へ部門のアセスメントの実施
     ・部門の評価及び社員の評価がうまくできない企業様へ社員様への評価の実施

    実績や成果

     ・部門及び社員様の評価軸の策定
     ・昇進基準(上記と重複する部分があるが)の策定
     ・新基準での部門運営支援
      →やってもやらなくても評価がかわらなかったが、基準を定性的且つ定量的に
       示したことにより、社員のやる気、モチベーションの向上
     ・部門、社員のやる気、能力の向上ができたことにより、企業の売却ができた。
      →経営層が売却を以前から検討していたが、なかなか部門の状況や社員の状況が
       把握できなかったため、売却を躊躇していたが、上記実績により、
       売却を可能にした。

    そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

     定性的なものが多く、評価が難しい状況だったが、
     定量的な指標を置くことにより、問題の可視化を実施

    業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

     ・受託ソフトウエア開発業界

    関連する論文やブログ等があればURL

    お役にたてそうと思うご相談分野

     ・組織マネージメント
     ・社員評価

    地域

    日本

    役割

    部門運営の改善コンサルタント

    規模

    クライアント規模:200名

    期間
    2017年 〜 現在

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    職歴:(開示前)


    自己紹介

    わたしはITベンチャー企業を中心に大規模のプロジェクトマネージメント、品質管理、品質保証、カスタマーサポート部門の構築等に従事してきております。その中でもマネージメント体制及び課題解決、みえにくいソフトウエアの品質の可視化による、品質の向上、BtoCサービスにおける顧客対応から始まる製品企画等を実施してきました。見えにくいまたは誰もがやりたくないと思っているが、やらなくてはいけないような上記業務ノウハウを多数もっております。
    そういった部分のノウハウ提供を行い、お困りになっている企業様のさらなる成長に
    寄与できるうような仕事をしていきたいと考えております。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験