レバレッジドローンについて話せます / leveraged loan transactions

  • 金融(都市銀行)
  • 金融専門職

経験内容

【業務内容/Work】
北米企業を対象とするレバレッジドローンの投資分析及びエグゼキューション業務に従事
・財務モデル策定
・バリュエーション
・クレジット分析
・デューディリジェンス
・稟議書作成
・ドキュメンテーション
・モニタリング、等
Responsible for investment analysis and execution of North American leveraged loan transactions
- financial modeling
- valuation
- credit analysis
- due diligence
- write-up of credit applications
- documentation review
- monitoring
【案件概要/Project Summary】
・投資規模は、1案件当たり30 - 100百万米ドルで、300百万米ドル以上のローン・シンジケーションへ参加
・M&A/LBO案件、リキャピタライゼーション、リファイナンスなどの案件を担当
・2012年はプライベート・エクイティが2006 - 2007年に行った巨額LBOで調達した有利子負債のリファイナンス需要、2013年はグローバルトップ15案件を含む大規模M&Aなどのファイナンス需要を中心に対応
・モニタリング業務は、日時のプライスチェック、四半期業績レビュー、年次/随時の行内格付(自己査定)を実施
・必要に応じて審査部門/リーガルチーム/決済チーム等と連携
- $30 million – $100 million sized investments per transaction over a minimum at $300 million loan syndication
- M&As/LBOs, recapitalizations and refinancing
- addressed transactions primarily driven by refinancing needs in 2012 for debts used for 2006 – 2007 large LBO activities by private equity firms, and financing needs for large M&As including global top 15 deals in 2013
- monitoring work including daily price check, quarterly performance review, and annual and ad hoc internal rating review (Jikosatei)
- coordinated among credit, legal and settlement teams

地域

北米

役割

投資担当者として実務を担当

期間
2012年 〜 2014年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

国内商業銀行にて国内外の投融資業務に従事後、外資系コンサルティングファームにて現職。

国内商業銀行では、北米企業を対象とするレバレッジドローンの投資分析及びエグゼキューション業務ならびに不動産ノンリコースローンに関する以下の貸出分析、エグゼキューション業務に従事。財務モデル策定、バリュエーション、クレジット分析、デューディリジェンス、稟議書作成、ドキュメンテーション、モニタリング、等を担当。

外資系コンサルティングファームでは、国内大手企業向けの事業戦略、ポートフォリオ戦略、組織再編、M&A戦略、候補先選定/交渉、デューディリジェンス、買収・出身・提携などの業務に従事。

【Work】
Responsible for investment analysis and execution of North American leveraged loan transactions and real estate non-recourse lending. Financial modeling, valuation, credit analysis, due diligence, write-up of credit applications, documentation review, monitoring, etc.

Responsible for strategic consulting work.

職歴

開示前(決済前には開示されます)