経営戦略、経営企画からM&A、財務戦略(資金調達等)までお話できます。

  • ゲーム(ソーシャルゲーム)
  • 経営企画/経営管理

経験内容

【主な担当業務】
・ 経営企画業務全般
・ 経営戦略の立案
・ 市場、競合の動向分析、問題構造の抽出
・ 経営戦略及び戦術の立案、実務への落し込み
・ 予算策定、予実管理、計数管理
・ 資本政策、エクイティファイナンス
・ M&A&D、PMI
・ コーポレートガバナンスの体制構築
・ 取締役会、経営会議等の重要会議事務局
・ 全社横断プロジェクト事務局
・ 新規事業の立案と推進
【主要業務詳細】

経営管理部 経営企画グループ

概要・成果
2013年8月、KLab株式会社経営管理部経営企画グループへ転職し、経営戦略や事業戦略の立案、予算策定及び予実管理、M&A&D及び資金調達や資本業務提携、その他社長匿名案件まで幅広く担当。
経営戦略は、Vision策定から事業ドメイン、事業ポートフォリオ及び買収方針等の経営方針及びゲーム事業に係る事業戦略の立案。不採算案件からの撤退、拠点及び人員整理、勘定科目毎での販売費及び一般管理費の削減により企業の黒字化体質へのシフトを推進。
ルーティンとして予算策定と定期的な予実のレポーティングのとりまとめ。その他重要会議体(取締役会・経営会議・事業戦略系の会議体)での事務局業務に携わる。
資金調達等に関しては、ドイツ銀行ロンドン支店を割当先とした、第三者割当増資及びターゲットイシュープログラム(価格修正条項付き新株予約権の発行)と中国企業(Qihoo360)との業務資本提携を同時実行。役員向け及び従業員向けストック・オプションの発行と上場企業では初の事例となる信託スキームを利用したストック・オプションの発行の立案実行。
その他、属人化された業務フローをBPRの観点より明文化・効率化を実施。M&A&Dに関しては、子会社の合併と、合併後の分割売却を実施。その他、企業買収の検討からPMIの全プロセスに携わった。
【その他業務】
・新規事業の立案と実行
・株主総会事務局として株主の質疑応答対応
・四半期毎の決算説明会資料の作成、株主総会資料、全社会資料の作成
・構造改革時は常務取締役以上のみが参加する会議(常務会)の事務局を担当
・社長個人の資産管理業務も業務外として携わる

地域

東京本社

役割

経営企画マネージャー

規模

従業員数1,200名

期間
2012年 〜 2015年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

2012年4月より株式会社ワークスアプリケーションズへ入社。西日本営業部の営業担当として、2年目にて大規模案件の受注を獲得。2013年8月よりKLab株式会社の経営企画グループへ転籍。入社直後より事業再生業務(資金調達や事業整理、人員整理等)を担当。ルーティンとして重要会議体を運営しつつ、黒字化後はVision策定から事業ドメイン、事業ポートフォリオ及び買収方針等の経営方針及びゲーム事業に係る事業戦略の立案、予算策定から管理、資本政策そして新規事業の創生まで従事。
2015年8月より株式会社wincarを創業し、COO/CFOとしてプロダクトからバックオフィス関連全般業務を推進。2016月5月に黒字化達成し、2016年10月に株式を売却し、退任。2016年11月より、Deloitte(有限責任監査法人トーマツ)及びPwC(PwCコンサルティング合同会社)にてIR(統合型リゾート)領域に特化したアドバイザリー業務に従事。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験