カメラの開発設計・技術広報に長く携わり、カメラ業界、関連業界団体(CIPA, 日本写真学会等)にも通じています。

  • 家電(カメラ)
  • 研究開発

経験内容

一眼レフ(フィルム・デジタル)、ミラーレス(デジタル)

ミノルタ・コニカミノルタのα7000以降のすべてのカメラ、パナソニックLumixの一眼レフ・ミラーレスの全てについて語れる。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー等)は、ほぼ語れる。

https://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/633945.html

https://kakakumag.com/camera/?id=12777
https://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2005/06/01/1647.html
https://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2004/10/02/194.html

カメラの技術で、特にマウント互換性・その技術的課題と解決方法

地域

国内外全ての地域

役割

開発設計プロジェクトリーダー・技術広報リーダー

規模

事業部レベルで300名規模

期間
1982年 〜 2019年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

ミノルタカメラ(当時)1982年入社以来パナソニックに至る、37年に亙ってカメラ開発・市場化業務に従事。その間、全てのカメラ要素に関する設計と商品化プロジェクトを経験した後、「カメラの最適解」を志向した全世界での技術広報活動を展開してきた。自信がある志向は以下。

・技術を吸収する意欲に長けており、難解な技術内容を分かりやすく説明する事には自信がある。
・約9年に亙る広報活動を通じて、「お客様第一」の大切さを弁えている。
・数々のカメラ製品を商品化してきた経験により、コスト構造の理解と「肝」をすぐに掴む事は自信あり。
・職場のIT環境構築に長年携わってきた事により、PC、WiFi、通信機器等の使用には慣れており、Officeのみならず、WiFI環境構築・静止画編集・動画編集ソフトも扱う事が出来る。
・趣味も含めて写真撮影には50年のキャリアがあり、業務・科学写真の撮影スキルをもつ。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験