防災備蓄、健保組合、販売促進の景品需要など行政や法人企業へのB2Bを開拓

  • 食品(調味料類)
  • 法人営業

経験内容

◆健保組合の攻略には、事前の調査で、主要企業の組合員と取り組み内容を確認。特に、企業の取り組み方針、提供実績、還元方法や仕組みがターゲットを絞り込むポイントになる。商品やサービスを提供する場合には、決裁権とオペレーション機能がある部門との取り組みが重要であり、お互いの目標とKPI を設計→合意できるかがカギとなる。
◆販売促進の景品需要開拓には、法人企業の目的や時期を早期に把握する情報収集力がカギとなる。待ちの姿勢ではなく、能動的に需要を開拓する提案営業が必要であり、標的となるターゲット設定が重要となる。
◆防災備蓄の提案には、活用するチャネル開拓が重要。エリアごとに災害の情報を整理して、過去の対応状況を見える化しておく。過去の実績から年間の災害予測をスケジュール化し、事前準備の優先度を検討する。災害時だけでなく、平時から災害を想定した利用体験を提案する事がポイントである。合わせて、モノだけでなく、情報サービスとの連携に向け、異業種との情報交換やコラボレーションが大切です。
◆各種の経験から学んだ事や様々な異業種とのコラボについて、ご相談をお受けいたします。

地域

東京

役割

需要&チャネル開拓とマネジメントを経験

規模

社員数2千人、2千億円

期間
2014年 〜 2017年頃
関連する職歴
  • カゴメ株式会社 通販事業部/事業部長

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

カゴメ株式会社 / 通販事業部/事業部長

プロフィール詳細を見る


自己紹介

私のキャリアは、営業からスタートして、営業支援(プレゼン支援)から広域組織流通の全国本部を担当。食品&飲料の商品企画、マーケティング、事業戦略を管掌。2014年〜17年まで営業部門で新事業&新チャネル開拓を担いました。2017年10月からマーケティング本部で通販事業の事業部長に着任、現在に至る。

社内で様々な商品開発と市場開拓を担当してきました。商品企画 開発分野は、食品(トマト系調味料・野菜系スープなど)・飲料(地域農産物を使った商品)・ギフト(一般市販されない上質なこだわり品)など、コモディティ商品から利用者や利用シーンを特定したハイグレード商品まで、多様なターゲットに最適な開発してきました。そのおかげで、日本各地の原料産地や加工拠点のネットワークができました。

営業部門では、卸店・小売り(量販店・CVS・生協・百貨店・カタログ通販・Eコマースなど)のほぼ全てを経験。その後、行政や企業法人などB2Bチャネルの開拓し、防災備蓄・販売&啓蒙促進・健保組合・株主優待などを提案して来ました。

現在(2017年10月〜)、本社 通販事業部の責任者として、通販専用商品の開発、オンオフでの広告プロモーション、CRM推進、受注・決済・配送のフルフィルメント、お客様からの問い合わせ対応まで、全ての業務スキームを刷新中です。

職歴

  • カゴメ株式会社 /通販事業部/事業部長

    2017/10 在職中

  • カゴメ株式会社 /東京支社 営業三部/部長

    2013/4 2017/10

  • カゴメ株式会社 /ギフトBU→ギフト事業部/課長→事業部長

    2003/4 2013/3

他の経験