新規事業立ち上げ、BtoB(特に医療機関)マーケティングが得意。7%の確率でテレアポから訪問に繋げた経験を共有出来ます。

  • システム・ソフトウェア開発(医療・介護情報)
  • 経営者

経験内容

【売りできる経験など】
・自らリスクをとって起業しておりますので、机上の空論ではない説得力を持ったアドバイスを提供致します。
・新製品の企画~実際の販売活動まで一気通貫での実務経験があります。各フェーズに合わせた経験を共有出来ます。
・約7%の確率でテレアポから訪問に繋げた経験を有します。資料送付のご許可を頂けるのは30%程度になります。
・顧客に刺さる言葉選びも得意としております。
・起業前の前職がシステムエンジニアであり、且つ、弊社製品も自ら開発したため、IT分野のアドバイスも可能です。なお、当システムの特徴は患者様の診療情報を扱うシステムのため、セキュリティ強度が高いものとなっています。
・分析力にたけておりますが、基本的には行動を重視した仕事のやり方となります。
・求められたこと以上の成果を提供致します。
【経験の詳細】
・製品の企画立案
- 横浜市の営業先との会話から、新製品のアイディアを発見。
- その新製品に市場性があるか(つまり、顧客に求められるような機能か)を検証するため、
 横浜市、福岡県、埼玉県の医療機関従事者を人づてで紹介してもらいヒアリングを実施。
- 同種の製品が存在しているかを調査し、新製品には新規性があり且つ新製品への需要があるものと判明。
・製品の開発
- 新製品のアイディアが市場性のあるものと判明したため、週3、4日で別案件に携わりながら開発を実施。
・特許出願
- 知人の弁理士に特許出願を依頼。弁理士より依頼された資料(システム概要図、画面説明書、フローチャートなど)を作成し提出。
・営業活動
- 顧客リストの作成。
- テレアポを実施。(現在進行形)
 以下の点に注意してテレアポを実施。
 ①初めのコンタクト先はどこか??(例:医師の窓口となるような部署はどこか??)
 ②どんな言葉を使えば、電話の窓口から後ろにいる担当部署に電話が取り次がれるか??
 ③どんな言葉を使えば、感情を動かせるか??
  (理由:人間を動かすには論理ではなくまず感情を動かす必要があると考えております)
 ④「どうしてそこまでの情報を持っているのか??」と電話応対してくれる方に驚きを与える。
  (1つの医療機関にTELするのにおおよそ15分ほど当該医療機関のHPを徹底的に調査します。)
 これらの結果、約7%の確率でテレアポから訪問に繋げられております。
 資料送付のご許可を頂けるのは30%程度になります。
- DMの作成。
 ①読み手の感情を刺激する言葉選び
 ②文字数を以下に少なく出来るか(時間がない読み手にDMを読んでもらうために文字数を減らします)
 という点に注力し作成。
- プレゼンの実施
 医療機関勤務者35名程度を前に、弊社製品のプレゼンを実施。

地域

東京

役割

経営者、新規事業立ち上げ責任者、ソフトウェア開発責任者、マーケティング責任者

規模

2

期間
2014年 〜 現在