外資系ホテルの立上げ経験・ホテル飲食部門経営・スタッフマネジメント、についてお話しできます

  • 旅行(ホテル・旅館)
  • 経営者

経験内容

経験概要

日本初進出の5つ星外資系ホテル(リッツ・カールトン大阪)メインダイニングの責任者兼シェフソムリエとして、現場を指揮していました。
その後、東京初進出の5つ星外資系ホテル立上げ(リッツ・カールトン東京、シャングリラホテル東京)を飲食部門責任者として統括しました。

実績

ゼロベースから開業を指揮していますので、飲食のみならずホテル運営についても実務経験があります。

お役にたてそうと思うご相談分野

◎ホテルの開業や立上げにおける実務経験全般についてお話しできます。統括責任者としての目線で携わっていたことから、マネジメントのアドバイスが可能です。
◎人材管理(採用、育成ほか)、計数管理など、管理業務全般のお話をすることができます。
◎大都市の主要ホテルのマネジメント層とのコネクションが多数あります。

地域

東京

役割

ディレクター

規模

社員数500名以上、部門売上30億円

期間
1999年 〜 2011年頃

自己紹介

◆職歴概要
1995年の阪神淡路大震災を経験し、それまで勤めていた会社を退職。1997年渡仏。帰国後、大阪にある外資系ホテル内の仏料理レストランにて勤務。レストラン責任者、シェフソムリエとして勤務。2006年と2009年に東京外資系ホテルを飲食部門責任者として立上げ。2011年香港に拠点を移し、カジノ関連会社でホテル・飲食部門子会社の立上げ。2014年帰国後から現在に至るまで、飲食店を中心にアドバイザーとしてコンサルティング業務に従事。

◆得意とする分野
- 飲食事業開業全般
- 飲食事業廃業全般
- M&A、事業承継、事業譲渡
- 多店舗展開における業務の単純化、標準化
- 海外進出サポート

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験