金融系営業会社におけるグローバル対応タレントマネジメント戦略の策定と風土改革についてお話できます

  • 海外人材採用/海外人材育成

経験内容

旧来の人材育成方法や、個人依存度の高いマネジメント手法による将来組織の安定的な成長や、スピーディーな顧客ニーズへの対応ができるタレントマネジメント制度の構築とフロントラインマネージャーの育成支援による風土改革を支援しました。グローバル対応や、35歳より若い次世代リーダーの育成を含めたマネジメントの変革の実践を通じて、将来の安定的な組織成長の基盤を作る共通言語を浸透させました。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2011年から2013年

その時どのような立場や役割でしたか?

コンサルタントとして、人事部門を支援。人事部門とプロジェクトチームを組み、インタビューやぬんしょ調査などから、パフォーマンス分析を行い、新しいタレントマネジメント戦略浸透のための具体的ツールの提供や施策設計、役員層を含むステークホルダー巻き込みのためのポイントやコミュニケーションを支援

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社インストラクショナルデザイン / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

外資系金融、グローバルソフトウェア会社の人事、組織開発等のマネージャーを経て、株式会社インストラクショナルデザイン設立。人材開発やパフォーマンス・コンサルティング分野のプロフェッショナルのグローバルスタンダードの中心的組織であるAssociation for Talent Development認定のプロフェッショナル・パフォーマンス・コンサルタント。タレント・マネジメント(M&A前後や変革期)に関わるガバナンスを確立するためのコンサルティングや、組織変革支援を得意とします。「経験値」で運営されがちな日本のグローバル人材マネジメントや人材開発、「施策の実施」や「導入」が目的になってしまっている「働き方改革」に、インストラクショナルデザインやHuman Performance Improvementのシステマチックで論理的なアプローチで「チェンジ・マネジメント」を確実なものにするヒントを提供できます。

職歴

  • 株式会社インストラクショナルデザイン /代表取締役

    2002/5 在職中

  • ATD International Network Member JAPAN /理事

    2008/1 在職中