出版業界が長く、書籍の企画立案、編集、流通、出版社の経営まで幅広くお話しできます。

  • 出版(総合)
  • 経営者

経験内容

具体的な経験の内容

出版業界は勤め人としては20年、経営者として12年の経験があります。

実績や成果

シリーズ累計200万部を超えたシリーズがあります。また、映画化した書籍が4タイトルあります。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

最初からゴール(売上や映像化)を見据えて企画をしていました。

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

最近のダウントレンドの出版業界で目立つ本の作り方を把握しています。

お役にたてそうと思うご相談分野

出版の中でも「書籍」に詳しいです。小説でもビジネス書でも実際がありますのでお話しができます。

地域

東京

役割

経営者

規模

12名

期間
2018年 〜 現在
関連する職歴
  • 合同会社オールズバーグ 事業責任者

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

合同会社オールズバーグ / 事業責任者

プロフィール詳細を見る


自己紹介

はじめまして。オールズバーグと申します。
当社は、「出版を活用してクライアント企業の成長をお手伝い」する、出版系コンサルタント会社です。出版社であり、コンサルタント会社でもある、日本で唯一の会社です。
※当社が手がける書籍は大手出版社を発売元にして全国の書店店頭で販売されます。印刷した書籍をお客様に納品するだけの自費出版ではありません。
当社は、こんなサービスを展開しています。

★広告型出版サービス
企業は、利益をあげるため、日々、宣伝活動をしています。
実は「書籍」を広告として使うことで、業績アップにつなげることができます。
会社名や経営者の名前が表紙に印刷された書籍が、日本中の本屋の店頭に並び、タイトル、帯、中身を通じて企業のメッセージを発信する、これまでになかった宣伝が可能です。

★社史型出版サービス
歴史のある企業には、その会社で起きた物語を社史として「書籍」にすることを提案しています。創業当時の思いやこれまでの喜びや苦労を、社員や関係先の皆さんに知ってもらうことで、会社のアイデンティティが深く共有されます。会社の歴史を知ることで、未来へのさらなる成長に志をそろえることができます。
そして、当社が手がける「社史」は書籍として日本中の本屋に並ぶため、新たな顧客に会社の存在を知ってもらうことに役立ちます。

当社は、このような「企業の成長に役立つ書籍」の企画の提案・編集・発行を行っています。また書籍の活用方法を具体的にアドバイスしています。
世間には「出版プロデューサー」と呼ばれる方々がいるようですが、彼らは「出版」を保証しませんし、書籍を活用して業績をアップする提案のノウハウもありません。

「商業出版」はあくまで出版社が中心となったビジネスです。「自費出版」ではほとんど本屋に並びません。当社では、この商業出版と自費出版の「いいとこどり」をした、新しい出版スタイルを「ビジネス出版」と呼んでいます。

職歴

  • 合同会社オールズバーグ /事業責任者

    2018/2 在職中