中国市場、ロシア市場の注意点、国内紹介者(県、会社など)の注意点

  • 医療用品
  • 接客/販売/個人営業

経験内容

東日本大震災(津波)で被害を受けた医療機器メーカ(気仙沼市零細企業)の頼みで2百万円を貸した。使用目的は支払い、給料など、途中で中国案件の状況、ロシア輸出状況を手紙で報告受けた。
ところが返金催促するも返金なし。2018年から強く返金要請したが今度は関係ない日立製作所に津波で受けた被害者として会社前で騒ぐ、マスコミに出ること嫌う会社から金を取るとの意見を手紙で記述。
実際に受付で騒いだと記述した手紙受け取る。
 詐欺にあってしまった経緯から一流企業に勤める社員は10年以上たった後に想像できない行動をとる。
弁護士の意見7人、その他中小企業関係者意見を聞いた。
詐欺にあわないための気を付けるポイント、その他注意点をコンサルします。
他にも数人から借りて返さない状態です。
注意点ありすぎますので随時追加します。

地域

被災地、中国、ロシア

役割

営業、技術に関しての問題点、および高齢社員の問題行動、注意点

規模

5社、

期間
2010年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

株日立製作所に(通信機事業部)入社。プレス加工の設計・生産合理化を実施。
電電公社の指導で素材開発、部品加工、組立、検査を全てメーカが実施。そのため作業合理化で各社競争。次にFAX生産立上げを経験。保安庁、防衛庁、向け製品開発、レーザ応用製品(人工衛星監視、島、大地の移動量計測、真北決め装置など開発)
民需応用として星空教室システム開発と営業。テレビ出演、NASDAと星空教室連携。
航空保安システム、麻薬検知装置、刃物検知器、爆発物検知機、など開発と関係省庁と連携した業務推進。
食品の安全化を目指した計測機器を開発。
全て開発成功せずシリアルNO1で終了した経験。これら開発を通じて市場のニーズと製品機能、仕様の決めからに多くの経験を学んだ。また中小零細企業との付き合いから考えられない行動をとる経営者がいる。この人たちとの距離の保ち方、注意点を事例報告したい。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験