人工知能・機械学習を用いたビッグデータ分析のためのテクノロジーマーケティングコンテンツ

  • ビッグデータ/データ分析/予測

経験内容

人工知能・機械学習を用いたビッグデータ分析に関する技術・研究の内容を正確に表現し、ターゲットとなる顧客に最短距離でそのベネフィットを伝える「テクノロジーマーケティングコンテンツ」の創作を支援・代行することができます。
機械学習を専門にして博士課程を修了していますので、高度なビッグデータ分析の手法を的確に理解・提案することができます。また、弁理士としてテクノロジーライティングのスキルを磨くとともに、ベンチャー企業で戦略的ビジネススキルを培ってきたため、人工知能・機械学習に関連するテクノロジーの魅力・顧客に対するベネフィットを端的に表現することができます。
テクノロジーは、言葉によって形になります。貴社の高度な情報処理技術を、「テクノロジーマーケティングコンテンツ」として表現してみませんか。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

人工知能関連技術を中心とするソフトウェア関連発明を得意とする弁理士。機械学習を専門にして博士課程を修了した後、大学の学術研究者を経て、民間のデータサイエンティストとなる。弁理士資格を取得した後は、データ分析に関する発明を特許化する知財関連業務に携わるだけでなく、研究開発コンサルティング、技術者・研究者に特化した科学情報発信の支援、データ分析システムの導入コンサルティング、保有技術を再利用するための技術マッチング支援など、専門知識を生かした幅広いフィールドで活躍中。趣味は昔から吹奏楽。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

はじめ国際特許事務所/株式会社LISI / 代表弁理士/代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

・博士(工学)、弁理士(登録番号:17653)
・機械学習・人工知能(AI)を専門にして博士課程を修了。ニューラルネットワークをはじめとする各種の機械学習アルゴリズムの研究開発・実装に携わる。
・大学の学術研究者を経て、自動車関連企業でデータマイニング技術を応用した車載特殊システムの研究開発を推進する。
・その後、「自分で研究するより研究者をサポートする職業に就きたい」との想いから弁理士資格を取得し、大阪府内・東京都内の大手特許事務所でAI関連技術を特許化する知財業務に従事する。
・機械学習と特許に関する専門知識とを強みにして、2014年12月にフリーランスとして独立・開業した後、2017年12月にLISIを設立し、「科学を産業に架橋する(Link Science to Industry)」を理念として活動中。

職歴

  • はじめ国際特許事務所/株式会社LISI /代表弁理士/代表取締役

    2014/12 在職中

  • 大阪府内/東京都内の大手特許事務所 /弁理士

    2011/1 2014/10

  • 住友ゴム工業株式会社(DUNLOP) /研究員

    2007/8 2010/12

他の経験