食品、金属加工、電機部品組立など中小企業の製造現場における改善指導並びに大手企業の人材育成

  • 機械(電子部品製造装置)
  • 生産管理

経験内容

《直近の中小企業での実績》
◇商品の小分け梱包ライン改善  
 ・ラインの生産人員   23%削減
 ・時間当りの生産数  19.2%向上
  (改善の手法)
 ・レイアウト変更 仕掛りを適正化(仕掛りの原因となるコンベアと作業台を撤去)
◇食品工場の従業員教育
 ・動作改善の4原則の教育訓練
◇食品工場の生産性支援
 ・2年間にて70%向上
《職 務 経 歴》
◇ソニーにて主な生産システム・設備開発
小型ポータブルビデオ用の扁平モーター用コイルの整列巻開発
中央研究所研究開発用評価機器開発
半導体レーザ量産ラインの企画構想、量産化プロジェクト推進
米国の半導体工場設営プロジェクト参画
豊田自動織機製作所と共同にてLCD工場の工程設計担当
◇ソニーにて主な生産支援(IE/生産革新)
  オードリックス手法による半導体の生産性向上推進
  半導体レーザ生産性向上/部品VA推進
  トヨタ生産方式に基づく生産革新推進及び国内外の製造工場改善指導と教育
  部品事業における在庫削減活動推進
  社内講師「生産革新・改善手法講義」「からくり技術研究会(国内)」
《主な講演・セミナー》
 ・日本IE協会 セミナー講師 
 ・日本IE協会 第44回日本IE文献賞受賞記念講演会  
 ・日本IE協会 第47回日本IE文献賞受賞記念講演会 
 ・中部産業連盟 セミナー講師
 ・高度ポリテクセンター セミナー講師
 ・品川区ビジネス支援講座講師 
 ・九州IE協会 セミナー講師 
 ・四国生産性本部セミナー講師 
 ・(株)日本能率協会コンサルティング セミナー講師 
 ・(株)JIPMソリューション セミナー講師 
 ・スガツネ工業株式会社新作発表会浜松会場 講演   
 ・大分県産業創造機構主催 工場管理者養成講座講師
 ・日本能率協会 2009生産革新総合大会 講演
◇他歴任職など
・日本IE協会         :専任講師
・東京都品川区       :ビジネス・カタリスト
・NPO法人新現役ネット技術総合支援グループ会員
・(財)大分県産業創造機構   :大分県中小企業支援アドバイザー
・(株)JIPMソリューション :専任講師
・(財)日本能率協会2009 第一線監督者の集い:関東 企画委員
◇論文・記事など
・日本IE協会 IEレビュー 302号 論壇
  第47回日本IE文献賞 貢献賞受賞
・日本IE協会 IEレビュー 280号~284号連載記事
  第44回日本IE文献賞 貢献賞受賞
・日刊工業新聞 工場管理   2014年1月号解説記事

地域

本社/厚木

役割

新商品の生産システム・設備開発/国内外の工場にて生産支援と人材育成(IE/生産革新)

規模

ソニー当時の社員数14万人、国内外の工場300~8000人規模/ (株)石川改善技術研究所にてクライアントは10人から150名規模

期間
1977年 〜 2009年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

生産技術は「IE的な手法」と「技術の革新」の両輪で進めるべきという持論を基に、デバイス・半導体の生産ラインの企画構想や設備治具の開発を行う一方、IEやトヨタ生産方式による製造現場の生産性向上・歩留向上を長年に渡って担った。
1994年に所属していた半導体事業を皮切りに、生産性向上を目的とした生産革新を主務として活動。各工場での作業改善や在庫削減指導を行いながら、「安価で小型の設備・治具で現場を更に進化させる」をスローガンに、国内外の工場における生産技術や製造技術の人材育成と改善指導を展開し、大きな成果を上げた。
2009年に退社して起業し、自ら体験したことを元に前述に関連してIE協会講師ほか、シニア人材アドバイザー、ミラサポ専門家派遣者として中小企業のモノづくり支援で現在に至る。

職歴

開示前(決済前には開示されます)