サラリーマンにおける不動産投資の経験や失敗談についてお話できます

  • 不動産投資/賃貸経営

経験内容

サラリーマン時代に不動産投資を始め、約3年間で月のキャッシュフローが100万円を超えて脱サラしました。
当時、わずか4棟41室の物件ですが、入居者が物件内で自殺されたり、ペット可否で裁判を起こさた経験をしていますが、現在も不動産投資を進めていますので、初心者の方には参考になろうかと思います。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2005年から現在に至ります。

どちらでご経験されましたか?

製薬会社にてサラリーマンとして勤務していた時代から、脱サラした現在に至ります。

その時どのような立場や役割でしたか?

立場は関係なく可能です。

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

・サラリーマンの給与以外の安定した収入が欲しい方
・脱サラしたい方

この分野は今後どうなると思いますか?

終身雇用制の終焉と、将来の年金不安は誰にでも当てはまる大きな問題なので、取り組まれる方は増えてくると思います。

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

・信頼できる仲介業者の担当者を見つけること
これが一番重要だと思います。売ってサヨナラという方がこの業界多いですが、その担当者はご自分でも不動産投資をされていたので、たの担当者と目線が異なっていました。担当者探しは、相性の問題もありますので、こつこつと探す必要があります。

・融資してくれる銀行を探すこと
購入したい物件があっても、だいたいここで引っかかりますので、地道に探すこと、そして大家さんとしての実績を作ることで、さまざまな銀行から融資が受けられるようになりました。

職歴