SAP新規導入、SAP ABAP開発、EDI/EAI導入についてお話しできます。

  • システム・ソフトウェア開発(ERP)
  • コンサルタント/リサーチ

経験内容

具体的な経験の内容

SAPシステムの導入
SAP ABAP開発
EDI/EAI導入(ACMS、CAPS、SAP PI)

実績や成果

50名程度のチーム管理経験
20社 300本程度のプログラム開発
20000本程度のプログラム修正

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

商社、小売業

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

SAP ABAP開発
ACMS導入
SAP PI導入
CAPS導入
コンサルティングファームに関する知見
SAPに関する知見
ABAPに関する知見
EDIに関する知見
EAIに関する知見
システム開発に関する知見
オフショア開発に関する知見
ACMSに関する知見
SAP PIに関する知見

地域

大阪、東京、シンガポール、マレーシア、タイ、中国(上海、大連)

役割

マネジメント経験、開発管理者、ブリッジSE

規模

社員数10000名

期間
2002年 〜 2017年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

■職務概要
2002年、国内大手システムインテグレーターに入社。SAP導入に伴う設計、開発業務に従事。
FI、CO、SD、MM、PP、EC-CS、HRと一通りのモジュールをABAP開発者として経験する。また、ミドルウェアを取り扱う部署への異動に伴い、SAP PI、e*Gate(CAPS)、ACMSを扱い、その後、日系大手商社の次世代基盤ミドルウェア製品の選定プロジェクトのリーダーとして、研究開発職に従事する。
2008年〜2009年は、実家家業(製紙原料問屋)の再建のため、営業管理や新規事業の立ち上げ(マレーシアへの古着輸出)を行った。

2010年、国内システムインテグレーターに入社し、関西地区の大手総合商社の汎用機をSAPに置き換えるプロジェクトにプロジェクトリーダーとして参画。最大40名のチームの管理を行うと共に、大連の開発部隊のブリッジSEも兼務した。
2012年、日系コンサルティングファーム入社。各種SAP導入プロジェクトにリーダとして参画すると共に、炎上プロジェクトの火消しや、パフォーマンスチューニング、オフショア管理、ABAP要員育成講師、運用保守業務改善コンサルティングに従事した。
 2017年より外資系コンサルティングファームにてタイ向けのロールアウトプロジェクトのABAP開発管理業務を行っている。

■ 活かせる経験・知識・技術
・ マネジメント経験多数。プロジェクトマネージャーとしては、最大40名規模のマネジメントを行っている。また、大規模プロジェクトにおいては、ABAP開発はじめ、標準化や移行といったチームを率いることが多かった。
・ 業界や業種、また、業務領域について、幅広い開発経験がある。SAPのモジュールについては、ほぼ全てを経験している。
・ 中国(大連・上海)やタイのプロジェクトにおいて、品質を中心としたオフショア管理を経験している。
・ 開発スキルは、ABAPが豊富。またSAP PI、ACMS、e*Gate(CAPS)などのEDI/EAI関連のミドルウェアシステム導入の経験もある。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験