書籍の企画・編集・製作・出版について、さまざまなご相談に乗らせていただきます

  • 出版(総合)
  • 経営者

経験内容

具体的な経験の内容

 自社で出版(商業出版・自費出版)したもの、他社へ紹介したものも含めて、多数のクライアントの「本を出したい」という相談に乗ってきました。

実績や成果

 会社員時代からフリーランスとして活動した時期にかけて、200冊以上の人文書・学術書・実用書の企画・編集に携わりました。自らの出版社を創業してからは、8年間で、商業出版物20点、自費出版物10点の書籍をプロデュースした他、原稿の執筆支援から企画書作成のお手伝い、他社への企画持ち込みの指南など、さまざまなケースにおいて、アドバイスを行ってきました。

お役にたてそうと思うご相談分野

 今なお「本を出したい」という希望をお持ちの方はたくさんおられますが、そもそも企画の内容や原稿が出版にふさわしいものかどうか、さらには、企画にふさわしい出版社の選び方、出版社や編集者との交渉の仕方、出版業界の仕組みや商慣行について、わからないし不安であるという方の相談を、これまでたくさん受けてきました。
 ケースによっては、業界の関係者や原稿の査読者を紹介したりすることも、させていただきます。また、自費出版をしたいという場合であれば、必要な作業の工程や価格の相場について、ネットなどで調べたものの、いろいろと不安である、という声をよくお聞きしますが、リーズナブルな業者の選び方などについてのアドバイスも、適宜させていただきます。また、電子出版についても、実績がございますので、対応させていただきます。
 関西を中心に活動してきた、これまでの経験と人脈を活かし、クライアントさまのご希望が叶うよう、全力でお手伝いをさせていただきます。

地域

関西

役割

編集者/出版社として、多数の書籍の企画・編集・製作・出版を経験

規模

一人、ただし外注スタッフ多数

期間
2017年 〜 現在

自己紹介

私は、大学卒業後、予備校講師などを経て、1997年1月に世界思想社教学社(京都市)に入社。同社では、編集部に配属され、赤本をはじめとする問題集や参考書の企画・編集、世界思想ゼミナールや学ぶ人のためにシリーズ、単行本の企画・編集に従事しました。2001年12月に同社を退職、編集事務所を設立。フリーランスの編集者として、多数の書籍の刊行に関わりました。その後、2010年11月に、大隅書店を設立、2011年6月にさいはて社と改称し、2019年1月までに、20点の書籍を刊行してきました。得意とするジャンルは、人文書・学術書・写真集など。これまでの豊富な経験と知識、人脈を活かし、みなさまの「本を出したい」というご希望に寄り添い、原稿の執筆支援から、企画書作成のお手伝い、出版社選びの要点や、出版業界の仕組みについてのレクチュアなど、懇切丁寧にアドバイスをさせていただきます。

職歴

開示前(決済前には開示されます)