出版業界における商慣習・契約慣習についてお話しできます

  • 出版(総合)
  • 法務/知財/コンプライアンス

経験内容

具体的な経験の内容

総合出版社で編集者として働いていた経験を下に、出版業界における商慣習・契約慣習についてお話しできます。

お役にたてそうな事柄

担当作品がメディア化(映画化・アニメ化)されたこともあり、メディアミックス時に出版社や作家が注意するべきことなどについてもお話しすることが可能です。対作家・対出版社目線で、契約時に注意するべき点についてお話しさせていただきます。

地域

東京

役割

編集者(現場経験)

規模

対作家担当者(マンガ家&小説家)

期間
2009年 〜 2018年頃

自己紹介

出版社で約10年勤務(現在はIT系企業に所属)。

・お役にたてること
(1)出版業界(電子書籍業界)のトレンドや動向、商慣習についてお話しできます。

(2)小説家や漫画家、イラストレータとビジネスをする上での注意点や契約方法などについてお話しすることができます

(3)小説から企画書、職務経歴書にいたるまで、全てに通じるうまい文章の構成方法や書き方、文章力を向上させるポイントについてお話しすることができます

・経験業務
(1)書籍&コミックの印刷、製本、用紙の発注。付録の製作、進行管理、コストカット
(2)epub等、電子書籍ファイルの製作。電子書店向けの営業、電子書店との契約業務
(3)書籍&コミックの編集業務、編集担当作品のメディア化業務(アニメ化・映画化における製作委員会での業務含む)

職歴

開示前(決済前には開示されます)