CAEプロダクト・システム開発

  • システム・ソフトウェア開発(CAD)
  • エンジニア

経験内容

<業績例1:ハイエンド射出成形CAEプロダクト全面更新プロジェクトリーダー>
・主力商品のユーザビリティ刷新に向けワークフロー見直しによる全面更新プロジェクトを提案、UI設計全面見直し・グラフィック表示速度改善、解析自動処理などの商品開発企画を立ち上げた。リーダーとして、社員3名+協力会社5名、費用50百万円の開発プロジェクトを統括し2005年外販開始を達成。自動車業界中心に100百万円/年の拡販に貢献。
<業績例2:射出成形CAE自動化商品の開発リーダー>
・金型設計の業務フローを模擬した解析自動化をキーとした商品企画を策定。アジャイル開発を初導入し1年の短期間で2003年商品化実現。約50百万の年間売上拡大に貢献。要員4名、費用30百万円。社内表彰(事業場長賞)受賞。
<業績例3:CAE計算高速化技術・プロトタイプの開発>
・ 樹脂流動解析・金型冷却解析プログラムの高速化技術開発で最大5倍の高速化処理を実現。特許出願(2件)。
<業績例4:CAE解析自動化システム開発プロジェクトリーダー>
・自動車メーカ向けエンジン性能評価自動化システム開発プロジェクトのリーダー・プログラマーとして、3件の開発プロジェクトを推進(受注規模70百万円)。要員6名。

地域

日本

役割

プロジェクトマネジャー、エンジニア、プログラマー

期間
1997年 〜 2007年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

大学院でシステム工学を専攻後、1997年に大手化学メーカに入社しシミュレーション技術者としてキャリアをスタート。2002年よりシミュレーションソフト事業の開発リーダーとして新商品2件を創出し1.5億の事業拡大に貢献しました。2007年に大手電機メーカに移籍し、PLM系ITによる開発業務改革プロジェクトを推進し開発効率化・原価削減の経営効果(3.8億円/年)に結びつけました。2014年からはIT部門アウトソーシング、関連SI会社事業移管のPLM分野責任者として、21億円規模の事業運営・管理体制構築と収益安定化を実現しました。2017年より外資系映像ソリューションメーカのProgram & Product Managerとして、4K/HD映像編集ソフト・機器の開発プロセス整流化や新商品販売・海外展開を果たしています。
 業務分析・プロジェクトマネジメントのスキルを駆使し目標達成させる推進力、各ステークホルダーとの協力関係を構築できるコミュニケーション力、複数案件の進捗・収支管理等のマネジメント力で、業務革新・IT化提案から現場業務落とし込みまで具現化できる点が大きな強みです。これら経験・スキルや最新技術の活用で新規事業やグローバルな業務革新実現に貢献します。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験