美容とエレクトロニクス(AI、IoT )の融合

  • 通信機器(無線)
  • 研究開発

経験内容

略歴

半導体素子開発からキャリアをスタートし、アナログ電子回路設計、超高速電子計測、光エレクトロニクス、人体通信、組み込みソフトに関する研究開発を経験。半導体からAI までを広くカバーする技術力だけでなく、12年に渡るベンチャー企業経営の経験と都内の大学における学生指導の経験をも併せ持つ。また、営業から学会発表までこなす器用さもアピールポイントである。
近年は、美容(情緒価値)と電脳科学(AI 、IoT 、環境、心理、量子工学、脳科学)を融合した新概念を提唱し、世界最大の電気系学術団体 IEEE (アイ・トリプル・イー)において、分科会の設立を主導するなど、化粧品業界のAI & IoT 技術の底上げに取り組んでいる。

役職

・IEEE CPMT Symposium Japan 常任委員
・エレクトロニクス実装学会システムインテグレーション実装技術委員会 常任委員
・慶應義塾大学環境情報学部 研究員

受賞歴

・2012年 第22回マイクロエレクトロニクスシンポジウム ベストペーパー賞(筆頭著者)
・2013年 国際連合・国際電気通信連合(ITU)からの招請によりITU 主宰のカンファレンス『Telecom World 2013(Bangkok)』において技術発表(ナイジェリア政府公式晩餐会に出席)

地域

神奈川県、東京都

役割

美容関連のAI 、IoT 研究開発

規模

10000人以上

期間
2016年 〜 現在