シリーズAファイナンスの経験における銀行系VC/外資系VC/web系VCの違いについてお話できます

  • 資金調達/資本政策

経験内容

2015年7月に実施した2.6億円のシリーズAファイナンスでは、シリコンバレー系のDCM、銀行系のみずほキャピタル、DBJキャピタル、既存VCであるweb系のサイバーエージェントベンチャーズとベンチャーユナイテッドと、特色ある5つのVCから調達しました。
それぞれの違いや強みなど、感じている点を共有できます

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2015年5月に具体的な資料を提出して協議を始め、7月にクローズしました。

どちらでご経験されましたか?

株式会社ビザスク

その時どのような立場や役割でしたか?

代表取締役(まだCFOはいないのでファイナンスは主担当でした)

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

ビザスク代表(15歳の娘がいます)。
ビジネスアイディアだけでプログラミングに言語があることも知らなかった2012年に、エンジニアを口説き、経産省から助成金(のような公募案件の採択)を受け、ベンチャーキャピタルから資金調達を得て、世界中の知見をつなぎ、知識と経験の流通を変える新しいプラットフォームの立ち上げに日夜奔走しています。
<経歴>
東京大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門にて企業ファイナンス、日本ロレアルにて化粧品ブランドのヘレナルビンスタインの予算立案・管理を経験し、MIT(マサチューセッツ工科大学)にてMBA(経営学修士)を取得。ユニゾン・キャピタルにてバイアウト投資に5年間携わった後、ビザスクを立ち上げる。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験