オフィスビルのエコチューニング。 高圧設備を試験、分析、機器更新を提案(第二種電気主任技術者資格取得)

  • 不動産(建物管理)
  • エンジニア

経験内容

1.立場と役割:
オフィスビルの電気主任技術者として高圧設備の試験、分析を実施、機器更新を提案。エコチューニングプロジェクトの責任者としてエネルギー使用量分析、省エネ活動を指導。
2.課題と問題点:
利用者の快適性を損なわず、省エネルギーを実現することが課題。昼間の冷房負荷に伴うピーク電力の増大、エネルギー消費の無駄となる漏れ電流の発生、換気や照明の過剰が問題であった。契約電力は過去1年間の最大需要電力で決まるため、ピークの抑制が重要。
3.技術的提案:
私はエコチューニングの具体化に取り組み、3種の提案を行った。
(1)遮光フィルムの施工による冷房効率の向上
(2)漏れ電流の原因調査と解決
(3)換気抑制による空調効率アップと、照明間引きによるエネルギー使用量低減
4.技術的成果:
(1)同一外気温にて3℃の室内温度抑制を確認。
(2)常用電源と非常用電源の問題を特定し、漏れ電流を低減。
(3)環境基準を遵守しながら、電力使用量を従来比7%削減。利用者の快適性を損なわない省エネ化を実現した。

地域

神奈川県 横浜市 西区

規模

約1000人

期間
2014年 〜 2017年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

大学院で誘電体の研究後、約25年間半導体メモリの設計に携わりました。
スパコン用高速メモリの研究で回路設計、評価技術を身に着け、その後はDRAMの大容量化に合わせ、並列コンピュータを使った回路シミュレータで設計能力を拡大させる手法を研究しました。
次に開発した次世代ネットワーク用メモリは現在も世界で使われています。
その後は第二種電気主任技術者の資格を取得し、ビルの高圧設備の技術責任者の経験を積みました。
現在は神奈川県の職業訓練指導員として後進の指導にあたっています。

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験