食品の海外開発。上海(中国)、バンコク(タイ)にも8年駐在し、アジアに精通。

  • 小売(食品スーパー)
  • 海外営業/海外進出

経験内容

具体的な経験の内容

 ・中国、タイ等、アジアで事務所開設
 ・商品クレーム発生の対応と解決(現地確認、交渉等)
 ・

実績や成果

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

 ・アジアの食品企業やその経営者達

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

地域

上海(中国)、バンコク(タイ)、アジア

役割

所長として現地スタッフ管理、新規取引先開拓、クレーム交渉

規模

新規事務所立ち上げから売上50億円まで

期間
1994年 〜 現在

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

入社以来20年以上、食品の開発輸入に従事。5年は加工食品、菓子、酒類の開発輸入と輸入実務で基礎を体得。その後4年上海事務所の所長として中国駐在。中国ビジネスにどっぷり漬かり、今でも多くの総経理達とはコンタクトあり。日本帰国後、5年間、南米、アジアを中心に水産品の開発を担当。ラテンビジネスに翻弄される。その後4年半バンコク所長としてタイ駐在。シンガポール事務所、上海事務所も含めたアジア統括として複数国のスタッフも管理。ベトナムにも足繁通った。現在東京で世界の海外事務所を統括管理し、リスク管理、取引先管理をしながら、食品の開発輸入を継続中。

職歴

開示前(決済前には開示されます)