企業主導型保育事業の立上げ

  • 教育(保育)
  • 経営者

経験内容

具体的な経験の内容

 内閣府補助事業「企業主導型保育事業」の立上げ支援
 事業計画作成、補助金申請、資金計画、保育士採用、顧客獲得、組織運営・マネジメント等

実績や成果

 これまで3件立ち上げの実績あり

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

 とにかく、事業立ち上げに必要な「ヒト・モノ・カネ・情報」のすべての経営資源を必要とする

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

 保育業界知識及び国の保育制度の理解

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

 保育事業立ち上げ、もしくは運営に関することであればなんでも。

地域

全国

役割

事業立ち上げに必要なすべてのこと

規模

保育定員20名程度

期間
2016年 〜 現在
関連する職歴
  • 有限会社ネットワーク経営研究所 代表取締役

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

有限会社ネットワーク経営研究所 / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

大手製造業のサラリーマンを辞めて、経営コンサルタントとして独立開業してはや23年が経ちました。35歳の時です。このとき、長男が幼稚園、次男が生まれて3か月、妻には「今日、会社に辞表出したら明日から自由業だよ」と報告、妻は絶句でした。破天荒な生き方は若いからできたのかもしれません。その後20年以上、なんとか生きてこれました。
 しかし、順風満帆な人生ではありません。大きな山もありましたが、とてつもなくどん底も経験しました。経営コンサルタントも事業経営者です。自分で生きていけない限りは人にアドバイスなんてできません。でも世の中、思うようにいかないものです。何をやってもうまくいかない時があります。チャレンジしても失敗ばかりをすることの方が多いかもしれません。でも生きていくにはやり続けなければなりません。実践をして失敗をしてどん底を経験してこそ、人間力が備わるように思います。つまるところ、「生の実体験」が自分を成長させてくれるのです。

 私は、都市と地方の両方の生活・仕事経験をしております。各々の良いところ、まずいところを知った上でいかにして、人を巻き込んで事を進めるか。今は、アドバイスのみにとどまらず、当事者として事業に参画するようにしております。自分で考え、行動し、成果を出す。そして関係者が楽しく仕事ができるように、自分がどう動くかを考えながら取り組むようにしております。

 地域のすばらしい資源を生かした、「儲かるビジネスモデル」を構築して、その土台の上に地域貢献ができる「こと」を創造していきたいと思います

職歴

  • 有限会社ネットワーク経営研究所 /代表取締役

    2000/6 在職中

  • 特定非営利活動法人やまぐちオリーブ協会 /理事

    2018/12 在職中