都立・私立高校で管理職を18年間経験したことから、私学の特色化や人材育成など教員研修に力を発揮できます。

  • 教育(学校運営)
  • 経営企画/経営管理

経験内容

具体的な経験の内容

中堅都立高校の文武両道をビジュアルな形で推進するため野球部の強化と学力強化を同時並行で進めた。具体的には、特色ある校長通信を隔週で発信し、内外にアピールして学校のファン増を図るとともに明確なビジョンを示し、強力なリーダーシップを発揮して、夏の西東京大会決勝まで進める成果を上げた。また、私立高校では募集対策を活性化させるために、効果的な教員研修を企画・開発・実施して、全校の教職員が一丸となる契機とした。
課題としては都立高校では異動・退職が行政主導で行われる状況をどう生かすか、また、私立では副校長(出身大学が法人運営ではないことによる)止まりだったことから、計画通り進められないなどの困難を経験した。得意な分野は職員の啓発と斬新なアイデアの提供など。特技としては空手道の指導に長年かかわっており、業界(全日本空手道連盟傘下の道場など)とのパイプは太い。また、退職を機に、世間に直接メッセージを発信しようと考え、現在、作家活動を開始した。処女作は「希望の鎖」。全国書店にて、この11月に発売開始されている。(電子版は12月末頃から)

地域

東京都、教員としては小笠原も経験

役割

副校長及び校長として人事・服務・教育課程・渉外・教員研修等の企画、実施

規模

30人から60人規模の学校

期間
1977年 〜 2018年頃