製薬メーカーでのMR適正人数についてお話ができます 臨床開発の受託営業についてお話ができます。

  • 製薬(医療用医薬品)
  • マーケティング

経験内容

製薬での経験
関西 5番目の発売である市場が定まったオーファンドラックである成長ホルモン剤を関西シェア2位とした 
インスリン販売での適正MR数を市場調査で割り出しキードクターの訪問管理を確定し、長期低落を歯止めとなり、シェア20%と回復した。市場調査により適正人数をルールとして営業の人数要求をDTL を中心とした営業スタイルへと変化の要とした。
医療器具
ストライカーは人口関節メーカーでヒップ60%として巨大マーケを築いていた。そのため有害事象発生も多く市場での人気は落ちるばかりであった。なぜ売れるかのテーマとして日本のキーサージャンを訪ね自分で市場調査を行った。この調査に基づきベストインクラス戦略をとり人気を上げ再び60%シェアとなった。
SMO
SMOは原価であるCRC負担が重く黒字化が困難でたった。再度原価を40%以下とするためビジネスモデルをセントラルIRBシステムからCRCコスト低減モデルと変化する計画であり、社長であったアークでは40%を切った
専門クリニック経営
グローバル上位10位を中心とした受託により、市場のトレンドを把握して経営に生かした。テーマは”の高い治験を行いどこよりも安く”CRC原価は37%レベルであった。難易度の高い治験では原価が上がる傾向ですがCRC新分業システムは30%台を維持

地域

関西 東京 北間東

役割

所長11年

規模

800名

期間
1980年 〜 2017年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

職務経験は、MR6年から始め営業経験18年マーケティングにはインスリン自販体制構築MR数適正人員配置適正を提唱し市場調査により証明した、ペンタイプ開発をはじめ長期低落売り上げを止めた。
日本ストライカーでは販売シェアーを低落を止めヒップ60%シェアー膝関節50%シェアーと回復させたベストインクラス製品開発につなげ市販後調査部(GCP基準)の道を設けた。
製品開発からGCPを勉強しスズケンでSMOを立ち上げました 大阪大学の支援により、治験専門クリニックを立ち上げ大阪で治験シェア30%となりました。認知症が予防できる手順を発見し予防センターを立ち上げました。

職歴

開示前(決済前には開示されます)