自動車部品業界の生産技術としての海外工場経験(ライン立ち上げ、現場改善など)についてアドバイスできます

  • 自動車部品(パワートレイン)
  • 生産技術

経験内容

具体的な経験の内容

 ステアリングモータについては10年以上経験していて、製品特性、構造、
 生産工程、(当時詰めていた会社の)設備仕様等はエキスパートレベルで熟知しています。

実績や成果

 中国工場へは2本のライン導入、メキシコ工場へは3本のライン導入しています。
 APQP活動、顧客監査、PVサンプル、PPAP等、および量産開始後の不良率削減、
 設備増設、現地人への技術指導、日本からの出張者の受入、プロジェクトリーダ、
 設備投資の予算管理等。

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

地域

日本の開発センター勤務6年、中国工場勤務3年、メキシコ工場勤務4年

役割

新規ラインの導入、量産機種の技術サポート

規模

工場規模:中国工場、従業員2000人。メキシコ工場、従業員800人

期間
2006年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 日本電産株式会社 課長代理

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

日本電産株式会社 / 課長代理

プロフィール詳細を見る


自己紹介

general production engineering things
FMEA, Control plan, machine design, installation, validation,
productivity improvement (cycle time, scrap reduction, machine modification) ,
AutoCAD, PLC, HMI.
2 years of experience in China
3 years of experience in Mexico

職歴

  • 日本電産株式会社 /課長代理

    2006/4 2018/7