シリコンバレーにける日本企業の向き合い方

  • ITインフラ(サーバ)
  • 事業開発

経験内容

アメリカは北カリフォルニアのシリコンバレーでフィンテックを中心に市場調査の経験をしてきました。そこでの活動を経て、なぜシリコンバレーで多くのイノベーションが生まれ、なぜ日本はなかなかイノベーションを起こせないのか?それを深く理解することができました。
お話できる内容は以下になります。
・シリコンバレーのエコシステム
・GAFAはシリコンバレーで何をしているのか
・日本企業が米国進出で陥るワーストプラクティス
・スタートアップが成功する秘訣とは
・米国進出する際に何を考えるべきか
よろしくお願い致します。

地域

富士通研究所アメリカ(シリコンバレー)

役割

事業企画、スタートアップ連携

規模

10名

期間
2012年 〜 現在
関連する職歴
  • 富士通株式会社 第二金融ビジネス本部第四金融ビジネス統括部第二営業部

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

富士通株式会社 / 第二金融ビジネス本部第四金融ビジネス統括部第二営業部

プロフィール詳細を見る


自己紹介

ご覧頂きありがとうございます。富士通の久野と申します。

現在は金融関連(ノンバンク系)のお客様向けにソリューション提案をする営業をしているのと、新規事業創出を目指す企画業務、また、海外パッケージをソリューション拡販していく海外案件を担当しています。
入社は2012年で現在7年目になります。 国内海外、ソリューション営業、新規企画など幅広い業務に携わっており、いろんな視点からご相談に乗れるかと思います。

〈履歴〉

2012年 3月 近畿大学経済学部卒業
2012年 4月 富士通株式会社入社
2012年10月 法人営業部門金融ビジネス本部
2017年4月 新規事業企画担当
海外パッケージ拡販担当
※仕事の都合で3度ほど福岡在住期間あり

職歴

  • 富士通株式会社 /第二金融ビジネス本部第四金融ビジネス統括部第二営業部

    2012/4 在職中

他の経験