血管内手術、画像下治療の詳細とそれに使用するディバイスに詳しい。肝臓癌のビーズ治療は国内第一人者。

謝礼金額の目安(1時間あたり) 15,000

経験内容

  • 医療用品
  • 医療専門職

具体的な経験の内容 血管内手術全般

実績や成果 特に動脈硬化、外傷、がん治療

そのときの課題 ステントグラフト、血管内ビーズ

業界構造 それは医師サイドから答えられない

関連する論文やブログ等があればURL

LINKED in. アメブロ(dr.Masa‘s fancy) はてなブログ(血管探索記)

メディカルディバイス、EVAR. DCB

地域

日本、ドイツ

役割

医師として術者を多数経験

規模

不詳

期間
1992年 〜 現在

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


専門は球状塞栓物質(ビーズ:本邦で2014年2月から保険収載)を使用した腫瘍の血管内塞栓治療(ビーズ治療)、および動脈硬化性病変に対するカテーテル治療(脳、心臓を除く)。腹部大動脈瘤ステントグラフト治療指導医。胸部大動脈ステントグラフト実施医。他の分野としては、CTガイド下穿刺、各種ドレナージ、殊に胆道系ステント留置を得意としている。画像診断は乳腺、冠状動脈については、どちらも専門外。コメント不可。 上記のように、カテーテルや針をX線透視や超音波で可視化しながら、低侵襲治療や組織採取(生検)を行う、放射線科(Radiology)の一分野を"Interventional Radiology (IR)"と呼ぶが、適切な邦訳が無い。日本ではIVRと呼ばれる。 主たる業務はIVRだが、画像診断専門医でもあり、CT/MRIの判読も行う。 画像のフィルムレス管理(PACS)や3D work-stationにも関心がある。 Board certified diagnostic and interventional radiologist Board certified EVAR (Endovascular Aortic Repair) specialist (2012) Japanese Society of Intervenional Radiology (JSIR) council member 1992 Graduated from Tsukuba University, School of Medicine 1992-1998 Dept. of Radiology, Tsukuba University Hospital (Resident) 1999-2002 Interventional Radiology (IR) fellowship at Saarland State University Hospital in Germany 2002-2005 Tsukuba Gakuen Hospital (Chief at Dept. of Radiology) 2005-2011 National Cancer Center Hospital, Japan (Staff Radiologist in IR team) 2011- 2012 Nara Medical University Hospital (Clinical Assistant Professor at Dept. of Radiology) 2012- Tokushu-kai Medical Group 2014- Jan. 2015 Kamagaya General Hospital (Director at Dept. of Diagnostic Radiology) Feb. 2015- Tokyo Medical University, Ibaraki Medical Center (Associate Professor at Dept. of Radiology) Specialty: Interventional Radiology (IR: Image guided needle puncture methods followed by the catheterization through the puncture route, combined with embolization, drainage or implantation of various materials, including central venous (CV) catheter, CV port, IVC filter, vascular stents and aortic stent grafts; it can be roughly divided into vascular and non-vascular IR. The former is called endovascular therapy (EVT). ) Introduced microsphere embolization technique for liver cancer to Japan in 2003 and have been working on the method for almost 12 years. Microspheres, also known as "beads", have just approved by Japanese government in 2013 and covered by the official health insurance in the last year (2014).