帰国子女でなくても英語をツールとして付加価値的に活用し、貴方のスキルを海外へ広げるお手伝いをいたします。

  • 教育(語学学校)
  • マーケティング

経験内容

具体的な経験の内容

英語または日本語で様々な情報を収集し、日本語・英語に翻訳し資料作成、ファンドマネージャーに提供(証券・投資運用)、海外からのお客様のアテンド、音楽アーティストの海外ツアーアレンジ・通訳・折衝、日英によるアーティストのプロモーション・マーケティング、社員のメールの日英対応、契約書の日英での作成・翻訳

実績や成果

KADOKAWAから翻訳で書籍発刊(現在、9冊)、ものづくり補助金で1000万円の補助金獲得(すべての書類を自ら作成した)、その他、助成金3件獲得

そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか

多くの方々と話をし、よいアイデアを取り入れ、改善に努めた

業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無

現在、オカリナという楽器を軸に、様々なオリジナル商品を企画し、日英で発信。SNSを活用したマーケティング手法を実践している。特許の手続きも一通り経験した。助成金・補助金獲得に向けた書類作成ができる。

関連する論文やブログ等があればURL

お役にたてそうと思うご相談分野

社内で独自の英語プログラムを作成する、海外のお客様と交渉し、バイヤーとして動く、メールの英語でのやり取りを代行する、助成金獲得に向けての段取りを自らの経験からお教えする等

地域

シンガポールの現地法人、マニラの現地法人

役割

翻訳者

規模

社員数10名ほど クライアント規模は東京本社と連動していたため不明

期間
1985年 〜 2014年頃
関連する職歴
  • 株式会社オフィス樹エージェンシー 代表取締役
  • アイエヌジー生命保険会社 プロジェクト付き翻訳通訳者
  • 野村投信委託株式会社 シンガポール支店 翻訳アナリスト
  • ベアリング証券 東京支店 アナリスト
  • デュー・ロジャーソン 東京支店 翻訳者
  • ジェームズ・ケーペル証券会社 東京支店 アシスタント
  • マニラ新聞社 翻訳記者

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社オフィス樹エージェンシー / 代表取締役

プロフィール詳細を見る


自己紹介

国際英文秘書課を卒業後、外資系証券会社に就職。IR会社を含め、証券・金融市場で10年を費やし、その間に現場で語学力を身に着けた。その後、シンガポールに移住し、現地で翻訳アナリストとして仕事をしながら、フリーランスとしても独立。マニラでは、現地の唯一の日本語新聞「マニラ新聞」の「エコノトレンド」というコラムを執筆。以来、フリーランスとして30年近く活動。2011年に法人なり。楽器に関わる国際特許の取得プロセスに関わる。英語を使ってアーティストをプロモーションする過程で、自分の英語をどう活用するべきかを熟考、翻訳通訳だけでなく、語学力を活かして様々なスキルを持った方々をご支援し、世界へ進出するお手伝いをすることが自分のこれからの使命と感じた。また補助金・助成金を獲得するためにも何らかのお力添えが可能と思う。性格的には、明るく、いい意味で諦めが悪い、負けず嫌い。人と話をすることが好き。

職歴

  • 株式会社オフィス樹エージェンシー /代表取締役

    2011/7 在職中

  • 野村投信委託株式会社 シンガポール支店 /翻訳アナリスト

    1993/11 2014/5

  • アイエヌジー生命保険会社 /プロジェクト付き翻訳通訳者

    2012/10 2013/9

  • マニラ新聞社 /翻訳記者

    1997/2 1997/11

  • ベアリング証券 東京支店 /アナリスト

    1988/9 1992/1

  • デュー・ロジャーソン 東京支店 /翻訳者

    1987/10 1988/9

  • ジェームズ・ケーペル証券会社 東京支店 /アシスタント

    1985/11 1987/9