日常業務から経営計画の策定まで、様々な業務の中にある付加価値を生まない作業を洗い出して捨てる業務清掃のお手伝いできます

  • アウトソーシング
  • 経営企画/経営管理

経験内容

・具体的な経験の内容
 大手自動車会社で、トップから部門トップを直接支援する社内コンサルタント兼課題解決責任者
 を5年間担当し、最後の2年間は海外拠点で同様業務を担当するメンバーも含めたグローバルの
 リーダーとして多くの経営課題業務の解決にあたった
 その中で、間接部門において、コスト削減が重要課題であり、それに最も貢献したのが、あらゆる
 業務に存在する低付加価値の作業を洗い出し削減することと、社内ユーザ向け作業の削減による
 業務予算の削減であった
・実績や成果
 日本経費(インセンティブ、広告宣伝費、労務費を除く純経費)を2年間で50億(全体の10%)
 削減
 マーケティング、プロモーションプロセスの徹底下効率化による増販効果で営業利益50憶増
 グローバルで2年間で800億(利益拡大方策効果も含む)のコスト削減・利益拡大
・課題
 社員の「無駄な仕事は一切していない」という認識を変えることが最大の課題だった
 そこで、同じ業務を担当していて、同様の成果を出している社員で一番業務時間が短い社員と
 長い社員の業務内容を細かく棚卸をして比較する作業を各部で実施し、両者の相違を比較し、
 無駄な作業があることを認識してもらった上で、その作業を全くなくしても成果が変わらない
 ことを確認させ、協力を取り付けた
 もう一つの課題は、かなり大きな業務自体が無駄という場合で、これは、その部を上げての
 抵抗にあった
 そのような業務は、以前は社内で必要な業務であったが、組織やシステムの変更で現時点では
 機能が他に移転してしまっているケースが多かったので、その状況を根気強く丁寧に説明して
 理解をもらった
・業界構造の知見の有無
 トヨタさんのカイゼンやGEの6Σが近いが、経営課題として、コスト削減や収益拡大に直結す
 る業務を担当する点で他に例がないと思われる 
・お役に立てそうと思う相談分野
 日常の経費処理や旅費精算などの業務から、経営計画の策定まで、あらゆる業務には無駄な
 作業が多くあり、効率化といってそれらの業務まで、システム化したり、アウトソースするの
 は余計なコストをかけていることになるります
 その前に先ずは棚卸をして無くしてしまうのが最もコスト削減に効果があり、その時間を
 付加価値の高い業務にシフトすれば収益拡大にもつながります
 一度そのような取り組みをしてみたいとお考えの企業や事業主の方には必ずお役に立てる
 と思います

地域

日本

役割

エクゼクティブコンサルタント兼課題解決責任者のグローバルリーダー

規模

社員数140,000人

期間
2004年 〜 2018年頃

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

職歴:(開示前)


自己紹介

大手自動車メーカーに入社し、中期計画、エグゼクティブコンサルタント、人材開発の職務経験があります
中期計画については、現状把握・目標設定・戦略コンセプト策定、実行計画への落とし込みまで全プロセスの策定を担当しました
エグゼクティブコンサルタントでは、経営課題について部門長やトップのコンサルタントとして、間接部門のプロセス改善による生産性向上とコスト削減、マーケティング、プロモーションの見直しによる販売拡大、子会社まで含めた組織開発に取り組みその改善策の策定とフォローまで多数の課題を担当しました
人材開発については、全国規模の戦略教育から、人材育成体系の整備、層別教育、専門能力開発教育と広く人材開発の企画と実行を担当しました
その後地域統括会社に出向し、役員として地域子会社の関節機能の統合によるコスト削減を実現、その後現地スーパーバイザー統括責任を担当し担当地域の業績を大幅に向上させました
その後、子会社の販売会社に代表取締役として移籍し、経営者として上記メーカーでの経験に基づく知識とノウハウを活用し、業績全国トップの会社に仕上げました

職歴

開示前(決済前には開示されます)

他の経験